[スポンサーリンク]

ケムステニュース

有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ

内容:

HP有機化学美術館を運営している佐藤氏の待望の書籍です。主に有機化学美術館の内容に書籍用に手を加えて盛り込んであります。書籍用の書き下ろしもあるようです。佐藤氏は、有機化合物を非常にきれいなグラフィックで描き、また最新の有機化学の内容を有機化学以外の分野を学んでいる方にもわかりやすく紹介しています。

私も、わずかながら査読に参加させていただきました。非常によい本にしあがっていると思いますので、化学好きの方はぜひご覧になってみてください。

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  2. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  3. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  4. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  5. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  6. ふるい”で気体分離…京大チーム
  7. 武田薬品、14期連続で営業最高益に
  8. 新薬と併用、高い効果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  2. 天然物化学談話会
  3. 置き去りのアルドール、launch!
  4. 近況報告Part V
  5. ステープルペプチド Stapled Peptide
  6. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  7. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation
  8. 青いセレンディピティー
  9. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売
  10. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP