[スポンサーリンク]

ケムステニュース

有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ

内容:

HP有機化学美術館を運営している佐藤氏の待望の書籍です。主に有機化学美術館の内容に書籍用に手を加えて盛り込んであります。書籍用の書き下ろしもあるようです。佐藤氏は、有機化合物を非常にきれいなグラフィックで描き、また最新の有機化学の内容を有機化学以外の分野を学んでいる方にもわかりやすく紹介しています。

私も、わずかながら査読に参加させていただきました。非常によい本にしあがっていると思いますので、化学好きの方はぜひご覧になってみてください。

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  2. 保護により不斉を創る
  3. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  4. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  5. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  6. 分子素子の働き せっけんで確認
  7. 2011年日本化学会各賞発表-学会賞-
  8. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  2. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  3. PL法 ? ものづくりの担い手として知っておきたい法律
  4. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授
  5. ルィセンコ騒動のはなし(前編)
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)
  7. アスタチンを薬に使う!?
  8. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  9. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  10. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP