[スポンサーリンク]

ケムステニュース

有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ

[スポンサーリンク]

内容:

HP有機化学美術館を運営している佐藤氏の待望の書籍です。主に有機化学美術館の内容に書籍用に手を加えて盛り込んであります。書籍用の書き下ろしもあるようです。佐藤氏は、有機化合物を非常にきれいなグラフィックで描き、また最新の有機化学の内容を有機化学以外の分野を学んでいる方にもわかりやすく紹介しています。

私も、わずかながら査読に参加させていただきました。非常によい本にしあがっていると思いますので、化学好きの方はぜひご覧になってみてください。

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  2. カネボウ化粧品、バラの香りの秘密解明 高級香水が身近に?
  3. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  4. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  5. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  6. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用
  7. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  8. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サリドマイドを監視
  2. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  3. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  4. 特殊ペプチド Specialty Peptide
  5. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!
  6. 研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~
  7. アメリカの大学院で学ぶ「提案力」
  8. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成
  9. アミドをエステルに変化させる触媒
  10. 青いセレンディピティー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP