[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

 

 NEDOの「固体高分子形燃料電池実用化推技術開発」において、国立大学法人電気通信大学が、大型放射光施設「SPring-8」(兵庫県佐用町)に燃料電池専用の「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン(BL36XU)」を設置、12月26日(水)、現地で竣工式典を行いました。

本ビームラインでは高輝度の放射光を用いた計測により、これまで十分に解明にされていなかった燃料電池動作時の燃料電池触媒の反応や劣化メカニズムの解析が可能となります。

NEDOは本解析結果を用いることで、燃料電池の飛躍的な性能向上と低コスト化を実現する、低白金・脱白金化を見据えた新規燃料電池触媒の開発を進めていきます。

 

引用・画像:NEDO( http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100164.html

 

 

昨年の話になるが日本での放射光施設の代表であるSPring-8で新しいビームラインが設置された。化学現象のリアルタイム測定は電子顕微鏡などでも目覚ましく発展しているが、放射光を使ったリアルタイム測定ができるとなると、実際の化学反応をよりリアルに理解することができるだろう。

XAFSということなので、燃料電池のみならず、他の反応系などでも応用ができるのではないかと期待されます。結果が楽しみなニュースである。

 

関連書籍

 

関連記事

  1. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  2. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  3. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  4. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  5. 光触媒で抗菌・消臭 医療用制服、商品化へ 豊田通商 万博採用を機…
  6. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  7. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  8. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学系学生のための企業合同説明会
  2. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より
  3. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  4. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化
  5. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent
  6. リンダウ会議に行ってきた①
  7. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  8. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  9. 2011年日本化学会各賞発表-学会賞-
  10. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP