[スポンサーリンク]


2014年 12月

  1. テキサス大教授Science論文捏造か?

    研究や論文の捏造話がたえず、あまり記事にしたくないところもありますが、なんと過去にこの「化学者のつぶやき」で取り上げたある研究も捏造であった?という一件がありましたので報告させていただきます。今から3年前、2011年Science誌…

  2. 【消臭リキ】マッチでトイレで消臭トライ 

    【注1:本件は必ず、保護者同伴で実施願います 特に火気センサのあるトイレでの使用は事前に十分ご確認く…

  3. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口

    研究者にとって論文が受理されるかどうかは一生を左右しかねない問題です。筆者も論文を投稿する時はいつも…

  4. 計算化学:汎関数って何?

    先日の学会ポスター発表会場にて発表者:「・・・というわけで、DFT計算により…

  5. 電子実験ノートもクラウドの時代? Accelrys Notebook

    昨今のSTAP細胞から発生した「実験ノート問題」を覚えている方は多いことでしょう。意図せずして一般的…

  6. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌

  7. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)

  8. 有機スペクトル解析ワークブック

  9. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD

  10. 工業製品コストはどのように決まる?

  11. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために

  12. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希

  13. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe

  14. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化

  15. ITO 酸化インジウム・スズ

  16. 大塚製薬4200億円で米バイオベンチャーを買収

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–
  2. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination
  3. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  4. ルドルフ・クラウジウスのこと② エントロピー150周年を祝って
  5. 2008年10大化学ニュース
  6. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  7. 高峰譲吉の墓

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP