[スポンサーリンク]


2017年 6月

  1. セミナー「マイクロ波化学プロセスでイノベーションを起こす」

    はじめにマイクロ波化学では、現場の最前線で研究開発に携わっている方、化学系のアカデミアの方、化学産業のイノベーションに興味のある方などを対象にしたセミナーを開催します。当社がこれまで取り組んできた生産革新や新素材開発をテーマに、…

  2. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―

    第104回のスポットライトリサーチ。今回は、東京大学大学院新領域創成科学研究科の小野田 穣特任研究員…

  3. 化学探偵Mr.キュリー6

    ケムステをご覧の皆様にはおなじみの「化学探偵Mr.キュリーシリーズ」。なんとこのシリーズも6…

  4. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

    2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

  5. ルーベン・マーティン Ruben Martin

    ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

  6. 相次ぐ海外化学企業の合併

  7. 機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

  8. フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

  9. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  10. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  11. 井上 将行 Masayuki Inoue

  12. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

  13. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

  14. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  15. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功

  16. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・オルガノゲル・スマネン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジョン・フェン John B. Fenn
  2. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  4. フィンランド理科教科書 化学編
  5. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  6. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  7. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP