[スポンサーリンク]

会告

セミナー「マイクロ波化学プロセスでイノベーションを起こす」

[スポンサーリンク]

はじめに

マイクロ波化学では、現場の最前線で研究開発に携わっている方、化学系のアカデミアの方、化学産業のイノベーションに興味のある方などを対象にしたセミナーを開催します。

当社がこれまで取り組んできた生産革新や新素材開発をテーマに、マイクロ波化学(株) CSO塚原によるミニセミナーを開催します。セミナー後には弊社CEO吉野も交えたQ&Aセッションも行うので、自社の抱えるお悩みや問題解決の糸口を気軽にご相談頂くことも可能です(ミニお悩み相談会)。

終了後には懇親会も予定しています。

化学産業のイノベーションに興味のある方は、是非ご参加ください。

セミナー「マイクロ波化学プロセスで化学産業にイノベーションを起こす」概要

東京開催

日時:7月13日(木)
セミナー 19:00〜20:30(受付開始18:45~)
懇親会  20:30〜21:30
場所:東京都千代田区大手町1-9-2
大手町フィナンシャルシティグランキューブ3階
Global Business Hub Tokyo
丸ノ内線 大手町駅「A1出口」より直結

大阪開催

日時:7月26日(水)
セミナー 19:00〜20:30(受付時間18:45~)
懇親会  20:30〜21:30
場所:大阪府大阪市 北区大深町3−1
グランフロント大阪 北館7F ナレッジサロン

参加費

無料(懇親会にご参加の方は2,000円)

定員

各20名(東京・大阪)

対象者
  • 現場の最前線で研究開発に携わっている方
  • 化学系のアカデミアの方
  • 化学産業のイノベーションに興味のある方、など
お申し込み

WEBフォームよりお申し込みください。

登壇者プロフィール

吉野 巌(マイクロ波化学株式会社 代表取締役社長CEO)

三井物産(株)(化学品本部)、米国にてベンチャーやコンサルティングに従事(Reed Global LLC、Bionol Corp.)。2007年マイクロ波化学㈱設立、代表取締役就任(現任)。1990年慶応義塾大学法学部法律学科卒、2002年UCバークレー経営学修士(MBA)、技術経営(MOT)日立フェロー。経済産業省・研究開発型ベンチャーへの投資判断に関する調査研究委員会委員

塚原 保徳(マイクロ波化学株式会社 取締役CSO、大阪大学大学院工学研究科特任准教授)

2003年大阪大学大学院理学研究科博士後期課程修了、2004年大阪大学大学院工学研究科・特任研究員、2006年大阪大学大学院工学研究科特任准教授。専門はマイクロ波化学、無機化学、光化学

マイクロ波化学株式会社とは

2007年に創業。材料開発を分子レベルでデザインすることで、次世代製品のものづくりを支える技術開発型ベンチャー。電子レンジにも使われている「マイクロ波」の技術の産業利用に世界で初めて成功し、2014年春に世界発の大型マイクロ波化学工場を大阪に立ち上げ。

自動車、電子機器などの最先端分野における「新素材の開発」のみならず、日用消費財分野についても「高収益化」を実現するプラットフォーム技術を独自開発しました。最近では、JAXAとも共同開発契約を締結。宇宙への物資輸送コストを抑えるため、月や火星の地下にある水氷から水を取り出し、現地調達する技術の開発を進めています。また、製薬業界へも進出し、特殊ペプチド量産設備の開発もスタートしました。化学業界のみならず、様々な分野との共同開発・ライセンス事業を展開しています。

マイクロ波化学では一緒に働いてくれる仲間を募集中しています! 詳しくはこちら

関連サイト

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 水素移動を制御する精密な分子設計によるNHC触媒の高活性化
  2. ドーパミンで音楽にシビれる
  3. 分析技術ーChemical Times特集より
  4. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発
  5. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  6. 企業研究者のためのMI入門①:MI導入目的の明確化と使う言語の選…
  7. 多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体…
  8. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  2. 天然バナジウム化合物アマバジンの奇妙な冒険
  3. もっとも単純な触媒「プロリン」
  4. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  5. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  6. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  7. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  8. 酒石酸/Tartaric acid
  9. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応
  10. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

UiO-66: 堅牢なジルコニウムクラスターの面心立方格子

UiO-66 は六核ジルコニウムオキシクラスターを SBU に持ち、高い熱安定性 · 化学安定性を示…

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP