[スポンサーリンク]

archives

3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

澤本らによって見出されたα-ハロカルボニル化合物/ トリス(トリフェニルホスフィン)ルテニウム(II)ジクロリド1)/ アルミニウムイソプロポキシド2)の3成分開始剤系による高分子の合成は,分子量制御,狭い分子量分布など精密制御を可能にする有効な方法です。例えば,α-ハロカルボニル化合物に2,2-ジクロロアセトフェノン3)を用いた,メタクリル酸メチル(MMA)の分子量分布の揃った重合例が報告されています(数平均分子量Mn=10,400,分子量分布 Mn/Mw=1.15,転化率93%)。この方法は高分子を精密に制御できることから,多くの研究者に利用されています。

[1] “Living Radical Polymerization of Methyl Methacrylate with Ruthenium Complex:  Formation of Polymers with Controlled Molecular Weights and Very Narrow Distributions”

T. Ando, M. Kato, M. Kamigaito, M. Sawamoto, Macromolecules 1996, 29, 1070. DOI: 10.1021/ma951175+

[2] “Polymerization of Methyl Methacrylate with the Carbon Tetrachloride/Dichlorotris- (triphenylphosphine)ruthenium(II)/Methylaluminum Bis(2,6-di-tert-butylphenoxide) Initiating System:…”

M. Kato, M. Kamigaito, M. Sawamoto, T. Higashimura, Macromolecules 1995, 28, 1721. DOI: 10.1021/ma00109a056

関連記事

  1. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  2. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  3. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  4. 向山酸化剤
  5. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチ…
  6. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  7. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  8. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを革新する
  2. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授
  3. (+)-ゴニオトキシンの全合成
  4. The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals
  5. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  6. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!
  7. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計
  8. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)
  9. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!
  10. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP