[スポンサーリンク]

ケムステニュース

2008年ウルフ賞受賞者発表

ウルフ賞(Wolf Prize)とは、イスラエルの財団が傑出した業績をあげた科学者・芸術家に授与する賞です。ノーベル賞に次ぐとも言われる権威ある賞で、実際にウルフ賞受賞者からは多数のノーベル賞受賞者が出ています。

先日発表された、化学部門における2008年の受賞者はこちら!

 

Allen J. Bard 教授 (米テキサス大学)

AJBard.jpg

William E. Moerner 教授 (米スタンフォード大学)

WEMoerner.jpg

単一分子分析・分光化学の発展

ナノテクノロジーや生体分子の挙動を観測すべく重要な技術

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造
  2. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  3. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  4. 吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表
  5. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
  6. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  7. NEC、デスクトップパソコンのデータバックアップが可能な有機ラジ…
  8. 危険!DDT入りの蚊取り線香

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブラッテラキノン /blattellaquinone
  2. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  3. がん細胞をマルチカラーに光らせる
  4. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  5. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  6. サン・タン San H. Thang
  7. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  8. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  9. ケムステの記事が3650記事に到達!
  10. ペリプラノン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP