[スポンサーリンク]

ケムステニュース

2008年ウルフ賞受賞者発表

[スポンサーリンク]

ウルフ賞(Wolf Prize)とは、イスラエルの財団が傑出した業績をあげた科学者・芸術家に授与する賞です。ノーベル賞に次ぐとも言われる権威ある賞で、実際にウルフ賞受賞者からは多数のノーベル賞受賞者が出ています。

先日発表された、化学部門における2008年の受賞者はこちら!

 

Allen J. Bard 教授 (米テキサス大学)

AJBard.jpg

William E. Moerner 教授 (米スタンフォード大学)

WEMoerner.jpg

単一分子分析・分光化学の発展

ナノテクノロジーや生体分子の挙動を観測すべく重要な技術

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  2. 持田製薬、創薬研究所を新設
  3. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  4. 春の褒章2010-林民生教授紫綬褒章
  5. 博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度
  6. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水…
  7. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透
  8. AIが作った香水、ブラジルで発売

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化学美術館が来てくれました
  2. ボロールで水素を活性化
  3. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  4. 特殊ペプチド Specialty Peptide
  5. House-Meinwald転位で立体を操る
  6. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  7. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  8. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst
  9. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  10. 中村 修二 Shuji Nakamura

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP