[スポンサーリンク]

archives

Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

 

Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応について報告しています。それによれば,触媒として[5,10,15,20-テトラキス(4-メトキシフェニル)ポルフィリナト]コバルト(II)を用い,種々のフェノール誘導体を酸素と反応させることにより,酸化的カップリング反応が進行し,対応するビアリール化合物が高収率で生成します。この反応は温和な条件下,簡便な操作で行うことができます。さらに,得られたビアリールは医薬品や金属触媒の配位子などとして重要な化合物であることから,多方面での応用が期待されます。

“Cobalt(II)–Porphyrin-Catalyzed Aerobic Oxidation: Oxidative Coupling of Phenols”
Q. Jiang, W. Sheng, M. Tian, J. Tang, C. Guo, Eur. J. Org. Chem. 2013, 1861. DOI: 10.1002/ejoc.201201595

mfig000

The first example of the cobalt–porphyrin-catalyzed aerobic oxidative coupling of phenols through oxidative C–H functionalization has been developed. In the presence of T(p-OMe)PPCo and Na2CO3, the oxidative coupling of phenols with different substituents proceeded smoothly with O2 as a terminal oxidant to give the corresponding biaryl compounds in satisfactory yields. The biaryl derivatives are important in the area of pharmaceuticals and as ligands in metal catalysis. Preliminary mechanistic studies of this oxidative coupling reaction are also reported.

関連記事

  1. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-…
  2. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  3. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  4. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  5. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…
  6. ショウガに含まれる辛味成分
  7. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  8. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Imaging MS イメージングマス
  2. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  3. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  4. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授
  5. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis
  6. ニトログリセリン / nitroglycerin
  7. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  8. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  9. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  10. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP