[スポンサーリンク]

archives

Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

 

Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応について報告しています。それによれば,触媒として[5,10,15,20-テトラキス(4-メトキシフェニル)ポルフィリナト]コバルト(II)を用い,種々のフェノール誘導体を酸素と反応させることにより,酸化的カップリング反応が進行し,対応するビアリール化合物が高収率で生成します。この反応は温和な条件下,簡便な操作で行うことができます。さらに,得られたビアリールは医薬品や金属触媒の配位子などとして重要な化合物であることから,多方面での応用が期待されます。

“Cobalt(II)–Porphyrin-Catalyzed Aerobic Oxidation: Oxidative Coupling of Phenols”
Q. Jiang, W. Sheng, M. Tian, J. Tang, C. Guo, Eur. J. Org. Chem. 2013, 1861. DOI: 10.1002/ejoc.201201595

mfig000

The first example of the cobalt–porphyrin-catalyzed aerobic oxidative coupling of phenols through oxidative C–H functionalization has been developed. In the presence of T(p-OMe)PPCo and Na2CO3, the oxidative coupling of phenols with different substituents proceeded smoothly with O2 as a terminal oxidant to give the corresponding biaryl compounds in satisfactory yields. The biaryl derivatives are important in the area of pharmaceuticals and as ligands in metal catalysis. Preliminary mechanistic studies of this oxidative coupling reaction are also reported.

関連記事

  1. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  2. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  3. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  4. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  5. BTQBT : BTQBT
  6. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  7. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  8. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アピオース apiose
  2. Glenn Gould と錠剤群
  3. 健康食品から未承認医薬成分
  4. サイコロを作ろう!
  5. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応
  6. フタロシアニン-化学と機能-
  7. ヘリウム (helium; He)
  8. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成
  9. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~
  10. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP