[スポンサーリンク]

archives

Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

[スポンサーリンク]

 

Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応について報告しています。それによれば,触媒として[5,10,15,20-テトラキス(4-メトキシフェニル)ポルフィリナト]コバルト(II)を用い,種々のフェノール誘導体を酸素と反応させることにより,酸化的カップリング反応が進行し,対応するビアリール化合物が高収率で生成します。この反応は温和な条件下,簡便な操作で行うことができます。さらに,得られたビアリールは医薬品や金属触媒の配位子などとして重要な化合物であることから,多方面での応用が期待されます。

“Cobalt(II)–Porphyrin-Catalyzed Aerobic Oxidation: Oxidative Coupling of Phenols”
Q. Jiang, W. Sheng, M. Tian, J. Tang, C. Guo, Eur. J. Org. Chem. 2013, 1861. DOI: 10.1002/ejoc.201201595

mfig000

The first example of the cobalt–porphyrin-catalyzed aerobic oxidative coupling of phenols through oxidative C–H functionalization has been developed. In the presence of T(p-OMe)PPCo and Na2CO3, the oxidative coupling of phenols with different substituents proceeded smoothly with O2 as a terminal oxidant to give the corresponding biaryl compounds in satisfactory yields. The biaryl derivatives are important in the area of pharmaceuticals and as ligands in metal catalysis. Preliminary mechanistic studies of this oxidative coupling reaction are also reported.

関連記事

  1. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  2. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  3. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…
  4. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  5. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  6. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  7. Accufluor(NFPI-OTf)
  8. Grubbs第一世代触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  2. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)
  3. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  4. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Tanabe Fragmentation
  5. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  6. 海外のインターンに参加してみよう
  7. YMC研究奨励金当選者の声
  8. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton
  9. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!
  10. 比色法の化学(前編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

第231回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学 羽曾部研究室 で専任講師を務められている酒井 隼…

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP