[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析

[スポンサーリンク]

低分子化合物の構造決定法において、最も強力な方法といえば、単結晶X線構造解析(SCDです。質の良い単結晶さえ得られれば、X線の回折データから、分子の3次元構造をはっきりと決定することができます。とは言うものの、質の良い単結晶など、そう簡単に作れるものではありません。結晶作製の過程はひたすら試行錯誤の連続で、膨大な時間がかかるのも普通です。SCDがNMRや質量分析のように広く用いられない最大の理由が、この「単結晶作製の難しさ」にあります。

さて、この技術の大きなブレークスルーと言えば、2013年に東京大学・藤田研から発表された結晶スポンジ法です。(ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!)多孔質結晶にサンプルを封じ、分子を規則正しく整列させるというこの手法は、SCDの唯一・最大の欠点を解決する強力な手法として、大きく注目を浴びました。

今回は、この結晶スポンジ法に続く新たなブレークスルーとして、UCLAのTamir Gonen教授らによって発表された、MicroEDによる低分子結晶構造解析についてご紹介します。

“The CryoEM Method MicroED as a Powerful Tool for Small Molecule Structure Determination” Jones, C. G.; Martynowycz, M. W.; Hattne, J.; Fulton, T. J.; Stoltz, B. M.; Rodriguez, J. A.; Nelson, H. M.; Gonen, T. ACS Cent. Sci. 2018, 4, 1587. (DOI: 10.1021/acscentsci.8b00760)

1. 電子の回折を用いた微小結晶解析:MicroED

MicroEDは、電子顕微鏡を用い、電子の回折(ED; electron diffraction)によって微小な結晶サンプルから構造情報を得る手法です。電子線回折はX線回折と同じ原理で、サンプルに電子線を当て、得られた回折パターンから物質の構造を解析します。電子線は負電荷を帯びた粒子からなり、原子核やその周りの電子とクーロン力によって強く相互作用するため、電荷を持たず価電子のみと相互作用するX線よりも、強いシグナルを得ることができます(図1)。必要な結晶サイズは100 nm〜1 µm程度と小さく、大きな単結晶を用意する必要はありません。

図1. X線回折法と電子回折法の違い。

電子線回折法自体は、固体物理学や化学分野において古くから使われてきた手法なのですが、測定対象が小さいため電子線によるダメージの影響を受けやすく、有機物質の結晶構造解析を行うのは困難でした。3次元の結晶構造を知るには、サンプルを回転させて異なる角度で回折パターンを測定する必要がありますが、ダメージを受けやすい有機物質では、多方向の測定を行ううちにサンプルが壊れ、回折スポットが消えてしまいます。

ところが、2013年にGonen教授らは、電子線の放射量を減らしてサンプルダメージを低減し、高性能の検出器で電子線回折を記録することで、タンパクの結晶構造を高精度で解析できる手法(MicroED)を発表しました。[1] その後、彼らはこの技術に改良を加え、サンプルを連続的に回転させながら回折パターンを動画で記録するなどにより、タンパクの結晶構造を原子レベルの分解能で得ることに成功しました(図2)。[2, 3]

図2. MicroEDにおけるサンプル測定。

2. MicroEDによる低分子化合物の解析

さて、上記のように、MicroED法は元々はタンパクの構造解析のために開発された技術ですが、Gonen教授らは、これを低分子化合物にも応用できないかと考えました。有機化学の分野でも、結晶構造解析は、キラルの絶対配置の決定、結合長の比較,分子間相互作用の解析などにおいて非常に有用です。今回紹介する論文において、彼らは様々な粉末状の化合物を用いてMicroEDを行い、それらの結晶構造をオングストローム以下の分解能で得ることができることを示しました。

MicroEDでは、大きな単結晶は必要無いので、サンプル調整は至って簡単です。微量のサンプルをTEMグリッドに乗せ、電子顕微鏡に導入するだけで測定を行うことができます(図3)。測定にかかる時間はたった3分、試料ステージを毎秒0.6度ほどの速さで回転させ、異なる角度での回折データを記録します。得られたデータは、X線回折データ用のソフトウェアで同じように解析することができます。

図3. CryoEM MicroEDのサンプル調製。

図4に、彼らがMicroEDで構造解析を行った化合物の一部を示しています。試薬会社からの購入品、カラム精製後の化合物など、様々なサンプルの構造解析ができることが示されています。また、X線はプロトンとほぼ相互作用しないの対し、電子線回折ではプロトンの情報も得ることができます。図4の(+)-リマスペルミジンやカルバマゼビンでは、水素原子の位置(黄緑)が電子密度図に示されています。

図4. MicroEDにより構造解析を行った低分子化合物。(論文より一部改変)

さらに、MicroEDは測定対象となる領域が微小なため、不純物による影響も受けません。X線回折やNMRでは、不純物の混じったサンプルを解析するのは難しいですが、MicroEDでは、グリッド上に異なる化合物の結晶が混在していても、絞りを使って特定領域のみの回折を簡単に測定することができます。結晶同士がグリッド上で数マイクロメートル以上離れていれば、測定結果に影響が出ません。

3. 実際に使ってみて

最近、私も実際にMicroEDを使ってみる機会があったので、その様子を少し述べます。まず、ユーザー視点から言うと、サンプル調整の手間がほぼゼロで簡単、という感じでした(もちろん、サンプルの性質に大きく依存しますが)。TEMグリッドに微量のサンプルを乗せ、顕微鏡下で小さな結晶が見えれば十分です。サンプルを乗せすぎると結晶同士が近すぎて単一の結晶からのデータが得られない、という問題はありますが、濃度を調整するのはそれほど大変ではありません。

測定に関しては、TEMをそれなりに使いこなせる人であれば難しくありません。低放射量モードの設定・試料ホルダーの連続回転などが既にマニュアル化されていたため、決められた手順に従えば測定を行うことができました。低温で観察する場合は、氷の結晶とサンプルの見分けが付きにくいという問題がありますが、慣れてくれば氷の結晶の形や回折パターンが見た目で分かるようになります。また、室温に安定なサンプルであれば、クライオでなく常温でも測定が可能なので、氷によるコンタミの問題は回避できます。得られたデータは、imageJなどで画像ファイルに書き出し、普通の結晶構造解析用のソフト(XDSやMosfilmなど)を利用して解析することができます。

次に、装置管理者の視点でMicroEDを導入することについて述べると、一番のハードルは高性能なカメラが必要なことなようです。その他の要件(低放射量モード設定・サンプルの連続回転・動画撮影)に関してはソフトウェア次第で解決できますが、高性能なカメラを導入するには結構お金がかかってしまいます。また、TEM自体も高価な装置であるため、大きな大学や研究施設でないと、気軽にMicroEDをとることは難しそうです。

4. おわりに

今回は、(私の周りで最近流行っている)MicroED法について取り上げました。MicroEDは、煩雑なサンプル調製無しに結晶構造が高精度で解析できるとてもパワフルな手法です。実際、X線回折用の単結晶作製に1年取り組んで上手く行かず、諦めかけていた友人が、一度目のトライで綺麗なMicroEDパターンを得ることができ、感動していました。導入におけるハードルはありますが、ユーザー側としては、低分子・合成高分子・生体高分子など様々なサンプルの構造解析に有用な技術なので、今後応用が進められることが期待されます。

参考文献

  1. Shi, D.; Nannenga, B. L.; Iadanza, M. G.; Gonen, T. “Three-dimensional electron crystallography of protein microcrystals eLife 2013, 2, e01345. (DOI: 10.7554/eLife.01345)
  2. Nannenga, B. L.; Shi, D.; Leslie, A. G. W.; Gonen, T. “High-resolution 
structure determination by continuous-rotation data collection in MicroED” Nat. Methods 2014, 11, 927–930. (DOI: 10.1038/nmeth.3043)
  3. de la Cruz, M. J.; Hattne, J.; Shi, D.; Seidler, P.; Rodriguez, J.; Reyes, F. E.; Sawaya, M. R.; Cascio, D.; Weiss, S. C.; Kim, S. K.; Hinck, C. S.; Hinck, A. P.; Calero, G.; Eisenberg, D.; Gonen, T. “Atomic-resolution structures from fragmented protein crystals with the cryoEM method MicroED” Nat. Methods 2017, 14, 399–402. (DOI: 10.1038/nmeth.4178)

関連リンク

関連書籍

kanako

kanako

投稿者の記事一覧

大学院生。化学科、ケミカルバイオロジー専攻。趣味はスポーツで、アルティメットフリスビーにはまり中。

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミ…
  2. 4つの性がある小鳥と超遺伝子
  3. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③
  4. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法
  5. 結晶作りの2人の巨匠
  6. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!
  7. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」…
  8. ヒドラジン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-2
  2. Medical Gases: Production, Applications, and Safety
  3. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  4. 続々と提供される化学に特化したAIサービス
  5. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より
  6. 徹底的に電子不足化した有機π共役分子 ~高機能n型有機半導体材料の創製を目指して~
  7. natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催
  8. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  9. 引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料
  10. 遠藤守信 Morinobu Endo

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

注目情報

最新記事

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP