[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. フタロシアニン phthalocyanine

    フタロシアニン(Phthalocyanine)は、ポルフィリンのメソ位の炭素が窒素に置き換わった構造をしている。フタロシアニンは、その鮮やかな色が特徴的であり、古くから顔料として用いられています。近年では、新幹線の車体の塗料とし…

  2. シューミン・リー Shu-Ming Li

    シュー?ミン?リー(Shu-Ming Li, 1964年xx月xx日-)…

  3. カンファー(camphor)

    Cinnamomum camphora(クスノキ科Lauraceae)の木部より取れる精油の主成…

  4. ジェイ・キースリング Jay Keasling

    ジェイ・キースリング(Jay Keasling, 19XX年XX月XX日-)はアメリカの化学者。現在…

  5. 天然の保護基!

    天然物の生合成でも保護基を使うことがあるという例!ビセニスタチン(vicenistatin)

  6. ヨン・ピエール Jorn Piel

  7. テッド・ベグリーTadhg P. Begley

  8. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

  9. 製薬産業の最前線バイオベンチャーを訪ねてみよう! ?シリコンバレーバイオ合宿?

  10. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成

  11. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh

  12. ジョン・トーソン Jon S. Thorson

  13. ピーター・リードレイ Peter Leadlay

  14. ベン・シェンBen Shen

  15. ロルフ・ミュラー Rolf Muller

  16. ブラッドリー・ムーアBradley Moore

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ついに成功した人工光合成
  2. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発
  3. メリークリスマス☆
  4. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  5. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  6. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来
  7. 株式会社ジーシーってどんな会社?

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

PAGE TOP