[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh

[スポンサーリンク]

 

クリストファー•ウォルシュ(Christopher Walsh, 1944年xx月xx日-)は、アメリカの天然物化学者である。ハーバード メディカルスクール教授。

 

経歴

1970-1972          Helen Hay Whitney Foundation Fellow, Graduate Department of Biochemistry, Brandeis University

1972-1987          Assistant, Associate and Full Professor of Chemistry and Biology, MIT ?

1980-1985          Uncas and Helen Whitaker Professor, MIT

1982-1987          Chairman, MIT Chemistry Department 1985-1987          Karl Taylor Compton Professor, MIT

1987-1995          Chairman, Department of Biological Chemistry and Molecular Pharmacology,  Harvard Medical School

1992-1995          President, Dana-Farber Cancer Institute ?

1991- present     Hamilton Kuhn Professor of Biological Chemistry and Molecular Pharmacology, ?Harvard Medical School

研究

天然物化学の大御所である。

今までに執筆した論文数は600報以上!

 

外部リンク

walsh lab.jpg

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  2. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  3. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  4. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  5. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida
  6. 小林 修 Shu Kobayashi
  7. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  8. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 李昂 Ang Li
  2. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」
  3. 酸素ボンベ爆発、男性死亡 
  4. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  5. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  6. DAST類縁体
  7. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  8. 日本薬学会第125年会
  9. 元素検定にチャレンジせよ!
  10. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP