[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh

[スポンサーリンク]

 

クリストファー•ウォルシュ(Christopher Walsh, 1944年xx月xx日-)は、アメリカの天然物化学者である。ハーバード メディカルスクール教授。

 

経歴

1970-1972          Helen Hay Whitney Foundation Fellow, Graduate Department of Biochemistry, Brandeis University

1972-1987          Assistant, Associate and Full Professor of Chemistry and Biology, MIT ?

1980-1985          Uncas and Helen Whitaker Professor, MIT

1982-1987          Chairman, MIT Chemistry Department 1985-1987          Karl Taylor Compton Professor, MIT

1987-1995          Chairman, Department of Biological Chemistry and Molecular Pharmacology,  Harvard Medical School

1992-1995          President, Dana-Farber Cancer Institute ?

1991- present     Hamilton Kuhn Professor of Biological Chemistry and Molecular Pharmacology, ?Harvard Medical School

研究

天然物化学の大御所である。

今までに執筆した論文数は600報以上!

 

外部リンク

walsh lab.jpg

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  2. 田中耕一 Koichi Tanaka
  3. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  4. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  5. 菅裕明 Hiroaki Suga
  6. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  7. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  8. 天野 浩 Hiroshi Amano

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペーン
  2. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  3. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  4. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  5. アピオース apiose
  6. 模型でわかる【金属錯体型超分子】
  7. アメリカの大学院で受ける授業
  8. 【7/28開催】第3回TCIオンラインセミナー 「動物透明化試薬ウェビナー CUBICの基礎と実例」
  9. 嗚呼、美しい高分子の世界
  10. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2012年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP