[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh

[スポンサーリンク]

 

クリストファー•ウォルシュ(Christopher Walsh, 1944年xx月xx日-)は、アメリカの天然物化学者である。ハーバード メディカルスクール教授。

 

経歴

1970-1972          Helen Hay Whitney Foundation Fellow, Graduate Department of Biochemistry, Brandeis University

1972-1987          Assistant, Associate and Full Professor of Chemistry and Biology, MIT ?

1980-1985          Uncas and Helen Whitaker Professor, MIT

1982-1987          Chairman, MIT Chemistry Department 1985-1987          Karl Taylor Compton Professor, MIT

1987-1995          Chairman, Department of Biological Chemistry and Molecular Pharmacology,  Harvard Medical School

1992-1995          President, Dana-Farber Cancer Institute ?

1991- present     Hamilton Kuhn Professor of Biological Chemistry and Molecular Pharmacology, ?Harvard Medical School

研究

天然物化学の大御所である。

今までに執筆した論文数は600報以上!

 

外部リンク

walsh lab.jpg

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 鈴木 章 Akira Suzuki
  2. キース・ファニュー Keith Fagnou
  3. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  4. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  5. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  6. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  7. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree
  8. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~
  2. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑩:メクボール の巻
  4. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで
  5. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  6. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号
  7. 高橋 雅英 Takahashi Masahide
  8. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ
  9. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授
  10. 2010年日本化学会年会を楽しむ10の方法

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP