[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】

    既にいくつか記事がアップされているリンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)、筆者もその参加者の一人でした。受賞者から、講演やメディアのインタビューでは聞けない情報を得ることができる…

  2. リンダウ会議に行ってきた③

    リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)の参…

  3. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】

    「 いつも研究室で何をしているの??」いや、確かにこのような仕事に関わっていなければ疑問に思…

  4. リンダウ会議に行ってきた②

    リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)の参加報…

  5. リンダウ会議に行ってきた①

    「つぶやき」愛読者の皆さんお待たせいたしました! リンダウ・ノーベル賞受賞者会議…

  6. 光で形を変える結晶

  7. 化学は地球を救う!

  8. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)

  9. マルチディスプレイを活用していますか?

  10. 力を加えると変色するプラスチック

  11. ハウアミンAのラージスケール合成

  12. 化学エネルギーを使って自律歩行するゲル

  13. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?

  14. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション 【Part 2】

  15. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part2】

  16. 『元素周期 ~萌えて覚える化学の基本~』がドラマCD化!!!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2007年秋の褒章
  2. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester
  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  4. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る
  5. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  6. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分
  7. 森田浩介 Kosuke Morita

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

PAGE TOP