[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 2007年度イグノーベル賞決定

     2007年度のノーベル賞が決定しました!・・・といっても残念ながら実際のノーベル賞ではありません。イグノーベル賞です。イグノーベル賞 (Ig Nobel Prize) とは、、「卑劣な、あさましい」を意味する"ignoble"とNob…

  2. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

    前回からの続き。これが最後、「ノーベル化学賞をとれるかとれないかわからないけれども、とれるかもしれ…

  3. 磁性流体アートの世界

    今回は化学、というよりは芸術寄りの話題をば。磁性流体(Ferrofluid)とは、流体であり…

  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

    前回に引き続き、まだまだ続く「ノーベル化学賞がとれそうでとれないであろう、でももしかしたらとれるかも…

  5. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

    前回に続きまして「ノーベル化学賞がとれそうでとれないであろうでももしかしたらとれるかもしれない化学者…

  6. タミフルの新規合成法・その3

  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

  8. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)

  9. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る

  10. 水が促進するエポキシド開環カスケード

  11. (+)-フォーセチミンの全合成

  12. 金属を使わない触媒的水素化

  13. The Journal of Unpublished Chemistry

  14. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法

  15. ワインのコルク臭の原因は?

  16. “follow”は便利!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Heterocyclic Chemistry
  2. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetrakis(triphenylacetato)dirhodium(II)
  3. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  4. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide
  5. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  6. 研究者へのインタビュー
  7. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

PAGE TOP