[スポンサーリンク]

一般的な話題

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

[スポンサーリンク]

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。前回は半導体製造プロセスの仕組みと、それにかかわるファインケミカルの生産に携わっている企業をご紹介しました。

今回はプリント基板の製造プロセスに関連する製品・企業に焦点を当てていきます。この分野もニッチながら、日本の化学・素材メーカーが存在感を発揮している分野です。製造工程の上流から順を追ってみていきましょう。

①銅張積層板(CCL)

概要

プリント基板製造の大本になる材料です。絶縁体の樹脂などに薄い銅箔を均一に張り合わせて作られています。

供給元

国内ではAGC(旧:旭硝子)、日立化成(2020年10月より昭和電工マテリアルズに改名予定)、日本製鋼(旧:新日鐵住金)など。海外では台光電子材料など。

最近のトピック

5G通信への対応など高周波特性を改善する目的で、低誘電率の樹脂材料の探索が進められています。

②ソルダーレジスト

SOLDER_RESIST

緑色の部分がソルダーレジスト(画像:Wikipedia

概要

フォトレジストの一種ですが、基板の銅配線を絶縁し、はんだなどから保護する役割があります。

緑色のものが安価で広く普及していますが、近年では様々な用途に合わせた製品が登場しています。

供給元

太陽ホールディングスが首位。ほかにタムラ製作所日立化成(2020年10月より昭和電工マテリアルズに改名予定)、東洋紡東亞合成など

最近のトピック

5G通信への対応など高周波特性を改善する目的で、低誘電率材料の探索が進められています。

③金属めっき薬品

PCB

基板上の銅/無電解ニッケル/置換金めっき(ENIG)(画像:Pixabay

概要

プリント基板の銅配線や、素子を実装する際のはんだめっき、外部との電気的接続をつかさどる金コネクタなどの製造プロセスに使われるのがめっき技術です。

前回も紹介しましたが、銅や金は低温でも非常に拡散しやすいため、銅の表面に直接金めっきを施すと長時間経過後に表面の金めっきが原子レベルで内側へと拡散し、めっき自体が消滅してしまいます。そこで、拡散しにくい金属(バリアメタル)の薄膜を中間に形成する手法が広く用いられています。バリアメタルとしてはNiPdが一般に利用されています。

なお、コネクタなどの接点部位は機械的な外力に繰り返しさらされることから柔らかい純金では摩耗してしまいます。そこで、NiやCoとの合金(硬質金)とすることで強度を確保するのが一般的です。しかし、そのままでは電気陰性度のまったく異なる金属同士を一定の比率で析出させることは困難であることから、各種の添加剤が重要で、高度な技術力が必要な分野となっています。

供給元

めっきの種類ごとにおおむね棲み分けができています。

日本高純度化学:リードフレーム、コネクタ用貴金属めっきなど世界トップ。特にスマホ向けはほぼ独占

上村工業:無電解ニッケルで世界トップ

日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース(EEJA):貴金属めっき液のラインアップ数トップ

小島薬品化学:高純度が要求される貴金属めっき液

JCU:銅ビアフィルでトップクラス、装飾用も

石原ケミカル:はんだめっき、ウエハバンプ用めっき

 

最近のトピック

貴金属は地殻中の存在量自体が少ないことから、数千円/g以上と極めて高価です。また、鉱床の多くが特定の国家・地域(独裁国家や政情不安定・係争中の地域)に偏在しており、政治的なリスクなどから安定供給に不安があるものも少なくありません。そのため、その使用量の低減(省金化)の努力が払われています。

また、半導体内部の配線にはここ四半世紀銅が用いられてきましたが、近年では微細化による性能面(エレクトロマイグレーション:高電流密度による配線の破損、など)での限界に直面しています。そのため、次世代の微細配線材料としてはCoRuが一躍脚光を浴びています。

④フラックス

Flux_Pen

市販のフラックス(画像:Wikipedia

概要

はんだづけ性を良好にするためなどに塗布される薬品で、ロジン(樹脂)と銅表面の酸化膜を除去する活性剤などから構成されています。

供給元

タムラ製作所など

⑤異方性導電膜(ACF)

概要

微少な半導体チップなどをはんだづけせずに接続するための素材です。エポキシ樹脂またはアクリル樹脂中に金属微粒子(フィラー)を分散させたもので、圧縮方向にのみ導通する優れものです。

供給元

デクセリアルズ(旧:ソニーケミカル)、日立化成(2020年10月より昭和電工マテリアルズに改名予定)など

最近のトピック

5G通信の実用化などにより高周波帯域での低損失化などが求められています。

ソルダーレジストや金属めっきをはじめ、このあたりの分野は非常に奥が深い分野で、それだけで何本も記事が書けてしまいそうです。今回の投稿のみでは、ほんの導入しかご説明できませんでしたので、今後別途シリーズ化できればと考えています。

長くなりましたが、今回はこのあたりで区切ります。次回はディスプレイやその他の素子についてご紹介する予定ですのでご期待ください!

関連リンク

グローバルニッチトップ企業の5年後の現状と課題(令和元年6月 経済産業省製造産業局総務課)

2019年9月11日付 日経新聞朝刊全国版 スマートフォン特集

関連書籍

berg

berg

投稿者の記事一覧

化学メーカー勤務。学生時代は有機をかじってました⌬
電気化学、表面処理、エレクトロニクスなど、勉強しながら執筆していく予定です

関連記事

  1. ゴジラ級のエルニーニョに…出会った!
  2. 単結合を極める
  3. 立春の卵
  4. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来
  5. Whitesides’ Group: Writing…
  6. 地方の光る化学商社~長瀬産業殿~
  7. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アー…
  8. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interru…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide
  2. 5配位ケイ素間の結合
  3. 親水性ひも状分子を疎水性空間に取り込むナノカプセル
  4. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  5. 抗生物質
  6. 化学遺産財団
  7. ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー
  8. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  9. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  10. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP