[スポンサーリンク]

ケムステニュース

抗がん剤などの原料の新製造法

産業技術総合研究所は、白血病治療用の抗がん剤や抗生物質などの製薬原料となる高価な化合物を、微生物を使って安く簡単に製造する方法を開発した。大量生産できるようになれば、新薬開発に弾みがつくと期待されている。

 化合物はホモセリンの右手型で、化学合成する際に同じ組成で構造が左手型のものも同じ量だけ作られる。ホモセリンの混合物は一グラム六百円程度で安価だが、左手型を含んだまま製薬原料にすると副作用の危険性がある。

 しかし、混合物から化学反応で右手型だけを取り出すのは困難。現在はアミノ酸の一種から複雑な工程で製造しており、大量生産が難しいため高純度の試薬は一グラム六万円と高価だ。

 目を付けたのが、土壌中から発見された、左手型だけを分解するバクテリアの一種。混合液の中で培養した結果、最短四十八時間で左手型を完全に分解し、純度99・9%以上の右手型ホモセリンを製造することに成功した(引用:東京新聞)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  2. 希少金属
  3. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  4. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功…
  5. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  6. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  7. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  8. 『分子標的』に期待

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MSH試薬 MSH reagent
  2. 2013年就活体験記(2)
  3. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化
  4. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授
  5. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター
  6. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  7. 二酸化炭素をはきだして♪
  8. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  9. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  10. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP