[スポンサーリンク]

ケムステニュース

抗がん剤などの原料の新製造法

[スポンサーリンク]

産業技術総合研究所は、白血病治療用の抗がん剤や抗生物質などの製薬原料となる高価な化合物を、微生物を使って安く簡単に製造する方法を開発した。大量生産できるようになれば、新薬開発に弾みがつくと期待されている。

 化合物はホモセリンの右手型で、化学合成する際に同じ組成で構造が左手型のものも同じ量だけ作られる。ホモセリンの混合物は一グラム六百円程度で安価だが、左手型を含んだまま製薬原料にすると副作用の危険性がある。

 しかし、混合物から化学反応で右手型だけを取り出すのは困難。現在はアミノ酸の一種から複雑な工程で製造しており、大量生産が難しいため高純度の試薬は一グラム六万円と高価だ。

 目を付けたのが、土壌中から発見された、左手型だけを分解するバクテリアの一種。混合液の中で培養した結果、最短四十八時間で左手型を完全に分解し、純度99・9%以上の右手型ホモセリンを製造することに成功した(引用:東京新聞)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「…
  2. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  3. 米メルク、シェリング・プラウを4兆円で買収
  4. 2011年10大化学ニュース【前編】
  5. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り
  6. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  7. 白い粉の正体は…入れ歯洗浄剤
  8. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. <アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ
  2. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  3. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  4. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  5. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ
  6. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  7. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  8. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  9. 「Natureダイジェスト」で化学の見識を広めよう!
  10. 細胞の中を旅する小分子|第一回

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP