[スポンサーリンク]

一般的な話題

Macユーザに朗報?ChemDrawバージョンアップ

 

世界共通、構造式を使う人なら知らない人はいないChemDraw。はじまりはMacからでしたが、一時期のMacの低迷により、3D表示するChem3Dも使えなくなりました。さらに追い打ちをかけるようにMacOSが現OSのSnow Leopardになってからというもの、現バージョンへのWordのコピーアンドペーストの不具合、Keynoteにコピー出来ないなど様々な問題がでてきました。まさにChemDrawを販売しているCambridgesoft(ChemDrawの制作会社)はMacユーザーを捨てたのか!?と言わんばかりの状況でした。その後すぐにマイナーアップデート版(バージョン12.01)が出されて事無きを得ましたが、残念ながら

 

最新版WordにKeynoteに貼るとコピーアンドペーストすると構造式情報が消える。つまりChemDrawに戻せない。

 

という致命的な欠点は消えないままでした。現在のAppleの躍進はいうまではなく、そんなものちょいちょいと治して欲しいものですが(勝手な話でスミマセン)、なかなかうまくいかないようです。
それでも筆者もその一人ですがMacの素敵なプレゼンテーションソフト、KeyNoteを使いたいという人は多いようです。そういうわけで現実は、ご存知であると思いますがKeynoteを使いたい場合、そのままKeyNoteに貼って、ChemDrawファイルを同じように保存しておくか、PowerPoint2004に貼りつけてそれをKeynoteで読み込むことによってようやくKeyNoteに構造式情報を残せるようになります。Wordの場合はWord2008ではなくWord2004を使えば今まで通り利用可能です。

さて本題に入りまして、たまたまCambridgesoftが基礎有機化学討論会の企業出展ブースにいたためそれについて聞いてみたところ、

9月中にアップデートされます!問題解消されます!

と力強く(実際はかなり弱気)いってくださいました。その後ChemDrawのダウンロードサイトを訪問したところ、なんと最新版12.02がアップされているではありませんか!(上記図)
ウキウキして、ダウンロードしてみました。

….この後読んでもらう人に申し訳ないので結果を先にいいます。結果は×。上記の問題は解消されませんでした。それでも良い方は最後に小ネタも含んでいるのでこの後もどうぞ。

【追記2010.10.28】Preferencesのところにある[Add PDF to Cripboad]にチェックをするとChemDrawからKeynoteは相互変換可能(KeynoteからChemDrawに構造式情報が戻せる)ようになっていたようです。当初試したときは駄目だったのですが。これで結果は△になりました。あとはWordだけですね!

 

DownloadサイトにGo!

ダウンロードサイトにアクセスします。その後、ChemBioDraw Ultra 12.0.2Mac Download File (130 MB) をクリックしてChemDrawをダウンロードしてください。こんなマイナーアップグレードでも全部入れなおさなければいけません。通常10分程度かかります。また、ダウンロード後に新規インストール扱いなのでシリアルナンバー等が再び必要となります。それはMy Accountにログインすることで確認することができます。*(My Accountにアクセスするためには自身のID(メールアドレス)とパスワードが必要です。)

*MyAccountの右カラムメニュー Servicesの中の[My Download]で確認できます。

インストール!起動!

今までと全く同じです。何度か更新しすぎて著者のMacにはChemDrawアイコンがたくさんありました。起動は[アプリケーション]メニューから行ってください。Docsから行うと12.0のままです。起動の際に12.02と表示されるか、12.0のままかで判断することができます。インストールも終わり起動してみました!

 

….あれ?

何も変わっていない….。WordもKeynoteにも貼ってみましたが構造式情報が失われChemDrawに戻せません。ああそうか、Keynoteに構造式情報がなくなっても無理やり直接コピーするためにFile -> Preferencesのところにある[Add PDF to Cripboad]にチェックを入れているからかな?と思いそれを外し、貼りつけてみたところ、かなり大きくなりましたが、今までとは異なりバグらず貼り付けることができました。期待してそれをコピーしてChemDrawに戻したのですが、これもダメ。構造式情報が失われてしまいます。Word2008でもダメでした。

2010-09-11_1054.png
チーン…終了。

むしろ何がかわっているのか教えていただきたいところです。慌ててサポートページで変更点を探してみました。

 

駄目ジャン!!
実際は[Add PDF to Cripboad]仕様にしなくても、Keynoteに貼れる程度ということでした。構造式情報を無視してプレゼンテーションファイルを作成している方には、いくらPDFにしても構造式がおかしくなる時がたまにあったので、それが解消されたのかもしれません(わかりません)。いや本当に残念です。後々を期待したいのですが、望みはしばらくまだうすいと思います。
Windows版もアップされていますがなにがかわっているのでしょうね。誰か教えてください。

というわけで、うれしいオチとなりませんでした。その後もう一度Cambridgesoftに問いただしてみたところ、やはりまだのようでご意見を反映できるように努力するとのことでした。残念!その代わりといってはなんですが、カフェインの構造式が書いてあるTシャツをいただきました(苦笑)。ちなみにCambridgesoftは日本の学会にブースを出すのは今回がはじめてだったそうです。

ところで、沈んでいるMacユーザーに小ネタをひとつ。ChemDrawって誰が作ったのかしっていますか?答えは1986年Stewart Rubensteinというハーバード大学の院生です。彼はCorey研究室の在籍時にこの便利なソフトを開発しました。本当かどうかしりませんが、研究ではなくてこの開発でPh.Dをとったという噂もあります。研究者がどうしても必要としていた構造式作成ソフト。こんな形で化学に貢献できるのも大変素晴らしいと思います。

アップデートの件についてはCambridgesoftはツイッターアカウントも持っているので(@CambridgeSoft)フォローして気長に待つことにしましょう…. もしかしたらChemDraw以外の対応ソフトが現れる予感。詳細は次回にて!

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応
  2. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!
  3. 模型でわかる【金属錯体型超分子】
  4. iPhone/iPod Touchで使える化学アプリ-ケーション…
  5. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応
  6. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  7. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  8. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction
  2. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation
  3. 化学エンターテイメント小説第2弾!『猫色ケミストリー』 
  4. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  5. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!②
  6. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  7. 燃えないカーテン
  8. 中学入試における化学を調べてみた
  9. サーバーを移転しました
  10. 菅裕明 Hiroaki Suga

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP