[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する

    スルホンアミドを、温和な条件で塩化スルホニルに変換する手法が開発された。本法は合成終盤で、求核性が低く反応しにくい一級スルホンアミドを、強力な求電子剤である塩化スルホニルに変換することが可能で、スルホンアミド・スルホン酸、フッ化スルホニルな…

  2. 【日産化学 21卒】START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

    日本で最も多くの研究職社員から直接話が聞ける、研究好きのためのキャリアイベント今年も、日産化…

  3. 英語で授業/発表するときのいろは【アメリカで Ph.D. をとる: TA 奮闘記 その 1】

    本記事では、UC バークレーの大学院留学生のために開講された英語の授業の様子をお話します。くわえて、…

  4. オートファジーの化学的誘起で有害物質除去を行う新戦略「AUTAC」

    新年第一回目、第241回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院生命科学研究科(有本研究室)・高橋…

  5. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み

    アメリカの大学院に来て驚いたこと。その一つは、研究室の運営の仕組みが日本とかなり違うことです。特に、…

  6. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

  7. 反芳香族性を示すπ拡張アザコロネン類の合成に成功

  8. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法

  9. 2019年ケムステ人気記事ランキング

  10. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

  11. スペクトルから化合物を検索「KnowItAll」

  12. 科学とは「未知への挑戦」–2019年度ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞

  13. 可視光応答性光触媒を用いる高反応性アルキンの生成

  14. Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応

  15. 【21卒イベント】「化学系学生のための企業研究セミナー」 大阪1/17(金)・東京1/19(日)

  16. 【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2021卒)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第37回「トリプレットでないと達成できない機能を目指して」楊井 伸浩 准教授
  2. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-2
  3. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  4. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にするために
  5. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  6. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回
  7. 面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

PAGE TOP