[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にするために

    皆さん、ご存知の通りかと思いますがCOVID-19の影響で海外の多くの国では大学院や研究所の閉鎖が相次いでいます。今回の記事では、そんな事態にならないように我々ができること、そうなりそうな場合に我々がすべきこと、テレワークを導入した場合にど…

  2. シュプリンガー・ネイチャーより 化学会・薬学会年会が中止になりガッカリのケムステ読者の皆様へ

    Nature関連誌のトライアルリクエストもしくは購読のご推薦でNature Research特製グッ…

  3. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

    アルケンに対するCatellani反応が開発された。構造改変したノルボルネンを用いることで副反応のシ…

  4. 21世紀に入り「世界同時多発研究」は増加傾向に

    ケムステをはじめ、各所で取りざたされてきた「世界同時多発研究」。「一つのアイデアを思い付いたら、同じ…

  5. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?

    60年以上不明だったマジックマッシュルームの青色化メカニズムが解明された。青色色素の構造と生合成経路…

  6. 化合物と結合したタンパク質の熱安定性変化をプロテオームワイドに解析

  7. NMRの測定がうまくいかないとき(2)

  8. 有機合成化学協会誌2020年3月号:電子欠損性ホウ素化合物・不斉Diels-Alder反応・ホヤの精子活性化誘引物質・選択的グリコシル化反応・固定化二元金属ナノ粒子触媒・連続フロー反応

  9. ペプチド鎖が精密に編み込まれた球殻状ナノカプセル〜24交点の絡まりトポロジーをもつ[6]カテナン分子の合成〜

  10. 「話すのが得意」でも面接が通らない人の特徴

  11. アンモニアを窒素へ変換する触媒

  12. Reaxys PhD Prize 2020募集中!

  13. プロテオミクス現場の小話(1)前処理環境のご紹介

  14. 低温低圧・常温常圧窒素固定の反応開発 最新情報サマリー その1

  15. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし

  16. 地球温暖化-世界の科学者の総意は?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  2. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Transfer Hydrogenation
  3. 本多 健一 Kenichi Honda
  4. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  7. はてブ週間ランキング第一位を獲得

注目情報

最新記事

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

PAGE TOP