[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研究室に所属する久保田浩司特任助教にお願いしました。久保田先生は、2018年4月から現在の伊藤肇研究室にて特任助教としてのキャリアを開…

  2. 研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

    どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

  3. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

    Purdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

  4. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

    前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

  5. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

    ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

  6. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

  7. 感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

  8. 有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

  9. 学部4年間の教育を振り返る

  10. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

  11. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

  12. 科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

  13. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】

  14. 今年は国際周期表年!

  15. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成

  16. 化学系人材の、より良い将来選択のために

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis
  2. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?
  3. 高知和夫 J. K. Kochi
  4. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  5. 動画:知られざる元素の驚きの性質
  6. フタロシアニン phthalocyanine
  7. むずかしいことば?

注目情報

最新記事

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

PAGE TOP