[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. アレーン類の直接的クロスカップリング

    "The Catalytic Cross-Coupling of Unactivated Arenes."Stuart, D.R.; Fagnou, K. Science 2007, 316, 1172. doi:10.1126…

  2. 階段状分子の作り方

    天然には多くの「面白い」構造を有する化合物が存在します。この「面白い」という言葉は、人それぞれ様々な…

  3. テトラサイクリン類の全合成

    自然界の生み出した生物活性物質を人工的につくる研究=天然物の全合成。かつてより有機合成の花形とされて…

  4. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ

    薬物のプロドラッグ化により、薬物吸収性の改善・特定部位への標的化(副作用の軽減)・作用の持続化などが…

  5. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

    有機合成化学の分野では、無数の触媒反応が報告されています。しかし触媒量の範囲はというと、結構あいまい…

  6. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

  7. 炭素ー炭素結合を切る触媒

  8. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

  9. もっとも単純な触媒「プロリン」

  10. 本当の天然物はどれ?

  11. ノルゾアンタミンの全合成

  12. 生合成を模倣した有機合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tetrabutylammonium Difluorotriphenylsilicate
  2. ノーベル化学賞まとめ
  3. 2018年1月20日:ケムステ主催「化学業界 企業研究セミナー」
  4. 磁石でくっつく新しい分子模型が出資募集中
  5. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  6. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  7. 速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

注目情報

最新記事

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

PAGE TOP