[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. α-トコフェロールの立体選択的合成

    Reagent Directing Group Controlled Organic Synthesis: Total Synthesis of (R,R,R)-α-Tocopherol.Rein, C.; Demel, P.; Out…

  2. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

    " A Predictably Selective Aliphatic C-H Oxidation …

  3. アザジラクチンの全合成

    Synthesis of Azadirachtin: A Long but Succes…

  4. タミフルの新規合成法・その3

    Synthesis of Tamiflu and its Phosphonate Congene…

  5. 水が促進するエポキシド開環カスケード

    Epoxide-Opening Cascades Promoted by Water.Vilot…

  6. (+)-フォーセチミンの全合成

  7. 金属を使わない触媒的水素化

  8. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法

  9. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化

  10. 不安定な合成中間体がみえる?

  11. ピンナ酸の不斉全合成

  12. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成

  13. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

  14. タミフルの新規合成法・その2

  15. タミフルの新規合成法

  16. フラーレンの単官能基化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申請
  2. ブレオマイシン /Bleomycin
  3. ペイン転位 Payne Rearrangement
  4. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  5. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~
  6. 極小の「分子ペンチ」開発
  7. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

PAGE TOP