[スポンサーリンク]

ケムステニュース

白い有機ナノチューブの大量合成に成功

白いナノチューブ

 独立行政法人産業技術総合研究所【理事長 吉川 弘之】界面ナノアーキテクトニクス研究センター 清水 敏美 センター長および高軸比ナノ構造組織化研究チームは、水に溶けやすい部分と油に溶けやすい部分を併せ持つ両親媒性分子を新たに設計、合成し、有機溶媒中で自己集合させることで、内径が40~200nm(ナノメートル:ナノは10億分の1)、外径が70~500nm、長さが数μm(マイクロメートル)の形状を持つ種々の有機ナノチューブを合成する技術を開発した。この方法では従来法と比較して溶媒の使用量が1,000分の1以下と少なく、有機ナノチューブを大量に製造可能である。(引用:産業技術総合研究所

 ナノチューブといってもカーボンナノチューブとは異なります。カーボンナノチューブは名前の通り、炭素で構成されているのに対し、今回のナノチューブは、石鹸に代表される分子の中に親水性基と疎水性基をあわせ持った両親媒性分子で構成される、有機ナノチューブです。

 自己集合により細胞膜内のリン脂質等にみられるような二重膜を形成し、それが円筒状になって形成されます。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  2. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  3. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  4. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  5. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  6. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?
  7. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  8. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フッ素 Fluorine -水をはじく?歯磨き粉や樹脂への応用
  2. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す
  3. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  4. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  5. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction
  6. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産
  7. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  8. ニュースタッフ参加
  9. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Transformation with Tin Acetal
  10. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP