[スポンサーリンク]

ケムステニュース

白い有機ナノチューブの大量合成に成功

[スポンサーリンク]

白いナノチューブ

 独立行政法人産業技術総合研究所【理事長 吉川 弘之】界面ナノアーキテクトニクス研究センター 清水 敏美 センター長および高軸比ナノ構造組織化研究チームは、水に溶けやすい部分と油に溶けやすい部分を併せ持つ両親媒性分子を新たに設計、合成し、有機溶媒中で自己集合させることで、内径が40~200nm(ナノメートル:ナノは10億分の1)、外径が70~500nm、長さが数μm(マイクロメートル)の形状を持つ種々の有機ナノチューブを合成する技術を開発した。この方法では従来法と比較して溶媒の使用量が1,000分の1以下と少なく、有機ナノチューブを大量に製造可能である。(引用:産業技術総合研究所

 ナノチューブといってもカーボンナノチューブとは異なります。カーボンナノチューブは名前の通り、炭素で構成されているのに対し、今回のナノチューブは、石鹸に代表される分子の中に親水性基と疎水性基をあわせ持った両親媒性分子で構成される、有機ナノチューブです。

 自己集合により細胞膜内のリン脂質等にみられるような二重膜を形成し、それが円筒状になって形成されます。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解…
  2. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  3. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  4. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される…
  5. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…
  6. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  7. 日本触媒で爆発事故
  8. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination
  2. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)
  3. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  4. 秋の褒章2013-化学
  5. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  6. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  7. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-2
  8. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  9. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  10. howeverの使い方

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP