[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

クリストファー・チャン Christopher J. Chang

[スポンサーリンク]

クリストファー・J・チャン(Christopher J. Chang, 1974年x月x日(Ames, アイオワ生)-)は、アメリカの生物無機化学者である。 カリフォルニア大学バークリー校教授。(写真:HHMI.org)

経歴

1997 カリフォルニア工科大学 卒業
2002 マサチューセッツ工科大学 博士号取得(Daniel G. Nocera教授)
2002-2004 マサチューセッツ工科大学 博士研究員
現在 カリフォルニア大学バークリー校 教授

受賞歴

2003 Davison Thesis Prize
2004 Camille and Henry Dreyfus Foundation New Faculty Award
2005 Arnold and Mabel Beckman Foundation Beckman Young Investigators Award
2005 American Federation for Aging Research Award
2006 National Science Foundation CAREER Award
2008 Paul Saltman Award, Metals in Biology GRC
2008 Amgen Young Investigator Award
2008 Hellman Faculty Award
2008 Bau Award in Inorganic Chemistry, Chinese Academy of Sciences
2008 TR35: Technology Review magazine Young Innovator Award
2009 Astra Zeneca Excellence in Chemistry Award
2009 Novartis Young Investigator Award in Organic Chemistry
2010 ACS Cope Scholar Award
2011 SBIC Early Career Award
2011 Wilson Prise
2012 ACS Eli Lilly Award in Biological Chemistry
2012 RSC Award in Transition Metal Chemistry
2013 ACS Nobel Laureate Signature Award in Graduate Education
2013 Noyce Prize for Excellence in Undergraduate Teaching
2013 ACS Baekeleand Award
2015 Blavatnik Award in Chemistry

研究概要

レドックス生物学に関する研究

遷移金属元素のレドックス過程が関わる生物学過程の理解を目指した生物無機化学・ケミカルバイオロジー研究や、そのための分子イメージング法の開発などに取り組んでいる。特に神経生物学や感染症と金属元素の関連についても調べている。

またエネルギー関連触媒の開発や、グリーンケミストリーへの貢献も目指している。

関連動画

Christopher Chang, 2015 Blavatnik National Laureate from The New York Academy of Sciences on Vimeo.

関連文献

  1. Chang, C. J. “Bioinorganic Life and Neural Activity: Toward a Chemistry of Consciousness?”, Acc. Chem. Res. 2017, 50, 535-538. DOI: 10.1021/acs.accounts.6b00531
  2. Cotruvo, Jr., J. A.; Aron, A. T.; Ramos-Torres, K. M.; Chang, C. J. “Synthetic fluorescent probes for studying copper in biological systems”, Chem. Soc. Rev. 2015, 44, 4400. doi:10.1039/C4CS00346B

 関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  2. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  3. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  4. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  5. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  6. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre
  7. クラウス・ビーマン Klaus Biemann
  8. 劉 龍 Ryong Ryoo

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  2. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成
  3. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloaddition
  4. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  5. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  6. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)Oxidation
  7. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い
  8. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  9. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】
  10. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP