[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

クリストファー・チャン Christopher J. Chang

クリストファー・J・チャン(Christopher J. Chang, 1974年x月x日(Ames, アイオワ生)-)は、アメリカの生物無機化学者である。 カリフォルニア大学バークリー校教授。(写真:HHMI.org)

経歴

1997 カリフォルニア工科大学 卒業
2002 マサチューセッツ工科大学 博士号取得(Daniel G. Nocera教授)
2002-2004 マサチューセッツ工科大学 博士研究員
現在 カリフォルニア大学バークリー校 教授

受賞歴

2003 Davison Thesis Prize
2004 Camille and Henry Dreyfus Foundation New Faculty Award
2005 Arnold and Mabel Beckman Foundation Beckman Young Investigators Award
2005 American Federation for Aging Research Award
2006 National Science Foundation CAREER Award
2008 Paul Saltman Award, Metals in Biology GRC
2008 Amgen Young Investigator Award
2008 Hellman Faculty Award
2008 Bau Award in Inorganic Chemistry, Chinese Academy of Sciences
2008 TR35: Technology Review magazine Young Innovator Award
2009 Astra Zeneca Excellence in Chemistry Award
2009 Novartis Young Investigator Award in Organic Chemistry
2010 ACS Cope Scholar Award
2011 SBIC Early Career Award
2011 Wilson Prise
2012 ACS Eli Lilly Award in Biological Chemistry
2012 RSC Award in Transition Metal Chemistry
2013 ACS Nobel Laureate Signature Award in Graduate Education
2013 Noyce Prize for Excellence in Undergraduate Teaching
2013 ACS Baekeleand Award
2015 Blavatnik Award in Chemistry

研究概要

レドックス生物学に関する研究

遷移金属元素のレドックス過程が関わる生物学過程の理解を目指した生物無機化学・ケミカルバイオロジー研究や、そのための分子イメージング法の開発などに取り組んでいる。特に神経生物学や感染症と金属元素の関連についても調べている。

またエネルギー関連触媒の開発や、グリーンケミストリーへの貢献も目指している。

関連動画

Christopher Chang, 2015 Blavatnik National Laureate from The New York Academy of Sciences on Vimeo.

関連文献

  1. Chang, C. J. “Bioinorganic Life and Neural Activity: Toward a Chemistry of Consciousness?”, Acc. Chem. Res. 2017, 50, 535-538. DOI: 10.1021/acs.accounts.6b00531
  2. Cotruvo, Jr., J. A.; Aron, A. T.; Ramos-Torres, K. M.; Chang, C. J. “Synthetic fluorescent probes for studying copper in biological systems”, Chem. Soc. Rev. 2015, 44, 4400. doi:10.1039/C4CS00346B

 関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmos…
  2. 京都賞―受賞化学者一覧
  3. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
  4. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada
  5. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  6. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton
  7. Junfeng Zhao
  8. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 恋する創薬研究室
  2. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  3. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic Ester / Malonic Ester Synthesis
  4. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】
  5. ルィセンコ騒動のはなし(後編)
  6. ケムステスタッフ徹底紹介!
  7. 年に一度の「事故」のおさらい
  8. ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!
  9. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  10. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!

読者の皆さんの中には、既にご覧になった方もいらっしゃるかも知れません。有機化学アカデミック研…

1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる

先日、ある大手メーカーの役員で、面接官もされている方とお話をした際、「1次面接を通る人って、どの会社…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP