[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate

[スポンサーリンク]

P1870.gif

パラジウム触媒によるアセトアニリドのC‐H結合の直接活性化とアルデヒドを用いたオルトアシル化反応

WangとLiらは,パラジウム触媒によるC‐H結合の直接活性化を経由する,アルデヒドを用いたアセトアニリドのオルトアシル化反応を報告しています。本報告によれば,tert-ブチルヒドロペルオキシドの存在下,Pd触媒としてPd(OCOCF3)2を使用したときに最も良い結果が得られています。この理由として,Pd(OCOCF3)2はPd(OAc)2に比べてPd(II)カチオンとCF3CO2-アニオンに容易に解離することで高いカチオン性Pd(II)中間体を与えると考えられています。さらに,本反応の中間体と予想されるパラダサイクル形成に有効に働くものと推定されています。

C. Li, L. Wang, P. Li, W. Zhou, Chem. Eur. J. 2011, 17, 10208.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ニュースタッフ
  2. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  3. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  4. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  5. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  6. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  7. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  8. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst
  2. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用
  3. Arborisidineの初の全合成
  4. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  5. 太陽電池を1から作ろう:色素増感太陽電池 実験キット
  6. それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年
  7. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  8. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授
  9. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  10. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

ニトリル手袋は有機溶媒に弱い?

化学実験の際に一般的に着用されるニトリル製手袋は、有機溶媒を貫通させます。そのため、手袋を着用した手…

「化学と工業」読み放題になったの知ってますか?+特別キャンペーン

日本化学会会員の皆様に朗報です。会員が毎月届けられる「化学と工業」誌。じっくり読む人、パラパ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP