[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate

[スポンサーリンク]

P1870.gif

パラジウム触媒によるアセトアニリドのC‐H結合の直接活性化とアルデヒドを用いたオルトアシル化反応

WangとLiらは,パラジウム触媒によるC‐H結合の直接活性化を経由する,アルデヒドを用いたアセトアニリドのオルトアシル化反応を報告しています。本報告によれば,tert-ブチルヒドロペルオキシドの存在下,Pd触媒としてPd(OCOCF3)2を使用したときに最も良い結果が得られています。この理由として,Pd(OCOCF3)2はPd(OAc)2に比べてPd(II)カチオンとCF3CO2-アニオンに容易に解離することで高いカチオン性Pd(II)中間体を与えると考えられています。さらに,本反応の中間体と予想されるパラダサイクル形成に有効に働くものと推定されています。

C. Li, L. Wang, P. Li, W. Zhou, Chem. Eur. J. 2011, 17, 10208.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  2. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…
  3. Grubbs第一世代触媒
  4. 1-メチル-1-[4-(ジフェニルホスフィノ)ベンジル]ピロリジ…
  5. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  6. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  7. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  8. メルドラム酸:Meldrum’s Acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  2. 理系の海外大学院・研究留学記
  3. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  4. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  5. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定
  6. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  7. 遠藤守信 Morinobu Endo
  8. 名古屋メダル―受賞者一覧
  9. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】
  10. 胃薬のラニチジンに発がん性物質混入のおそれ ~簡易まとめ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP