[スポンサーリンク]


ケムステニュース特許・裁判

  1. 特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

    株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング」を発表した。  (引用:ニコニコニュース10月30日)株式会社パテント・リザ…

  2. 改正特許法が国会で成立

    特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

  3. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始

    アンジェスMG、アトピー性皮膚炎治療薬の第1相試験を開始 アンジェスMGは2…

  4. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功

    サクラの酵母で作った赤い日本酒奈良女子大学研究院自然科学系の岩口伸一准教授と地元奈良市の清酒メー…

  5. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得

    秋田県の金足農業高校の女子高生たちがやってくれました!厄介者のヤマビルを…

  6. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学

  7. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題

  8. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴

  9. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始

  10. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁

  11. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴

  12. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  2. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?
  3. イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」
  4. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration
  5. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人
  6. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  7. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

PAGE TOP