[スポンサーリンク]

archives

鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応

P0774.gif


谷口らは,フタロシアニン鉄(II) (10 mol%) による2-アリールヒドラジンカルボン酸エチル (10 mol%) の空気酸化を伴う,新しい触媒的光延反応を報告しています。本報告によれば,2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルの酸化により生じるアゾ化合物がDEADの役割をしています。このアゾ化合物が光延反応を進行させることで,トリフェニルホスフィン存在下,アルコールとカルボン酸からエステルを得ています。この時に生じる2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルは,in situな触媒的空気酸化によりアゾ化合物へ再酸化されます。

D. Hirose, T. Taniguchi, H. Ishibashi, Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 4613.

関連記事

  1. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  2. SPhos
  3. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  4. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  5. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  6. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  7. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  8. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する
  2. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  3. 硤合 憲三 Kenso Soai
  4. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  5. スイスでポスドクはいかが?
  6. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  7. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  8. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  9. デイヴィット・ベイカー David Baker
  10. Wen-Jing Xiao

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP