[スポンサーリンク]

archives

鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応

[スポンサーリンク]

P0774.gif


谷口らは,フタロシアニン鉄(II) (10 mol%) による2-アリールヒドラジンカルボン酸エチル (10 mol%) の空気酸化を伴う,新しい触媒的光延反応を報告しています。本報告によれば,2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルの酸化により生じるアゾ化合物がDEADの役割をしています。このアゾ化合物が光延反応を進行させることで,トリフェニルホスフィン存在下,アルコールとカルボン酸からエステルを得ています。この時に生じる2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルは,in situな触媒的空気酸化によりアゾ化合物へ再酸化されます。

D. Hirose, T. Taniguchi, H. Ishibashi, Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 4613.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…
  2. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  3. SelectfluorR
  4. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  5. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  6. チアゾリジンチオン
  7. 活性マグネシウム
  8. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法」
  2. アピオース apiose
  3. 構造式を美しく書くために【準備編】
  4. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~
  5. 浜松ホトニクスがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました
  6. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見
  7. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  8. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  9. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用
  10. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

注目情報

最新記事

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP