[スポンサーリンク]

archives

鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応

P0774.gif


谷口らは,フタロシアニン鉄(II) (10 mol%) による2-アリールヒドラジンカルボン酸エチル (10 mol%) の空気酸化を伴う,新しい触媒的光延反応を報告しています。本報告によれば,2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルの酸化により生じるアゾ化合物がDEADの役割をしています。このアゾ化合物が光延反応を進行させることで,トリフェニルホスフィン存在下,アルコールとカルボン酸からエステルを得ています。この時に生じる2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルは,in situな触媒的空気酸化によりアゾ化合物へ再酸化されます。

D. Hirose, T. Taniguchi, H. Ishibashi, Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 4613.

関連記事

  1. インドール一覧
  2. TFEDMA
  3. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  4. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  5. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  6. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  7. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  8. Grubbs第二世代触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第45回BMSコンファレンス参加者募集
  2. Pure science
  3. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語
  4. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  5. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  6. 黎书华 Shuhua Li
  7. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応
  8. メンデレーエフ空港
  9. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide SmI2
  10. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP