[スポンサーリンク]

archives

鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応

[スポンサーリンク]

P0774.gif


谷口らは,フタロシアニン鉄(II) (10 mol%) による2-アリールヒドラジンカルボン酸エチル (10 mol%) の空気酸化を伴う,新しい触媒的光延反応を報告しています。本報告によれば,2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルの酸化により生じるアゾ化合物がDEADの役割をしています。このアゾ化合物が光延反応を進行させることで,トリフェニルホスフィン存在下,アルコールとカルボン酸からエステルを得ています。この時に生じる2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルは,in situな触媒的空気酸化によりアゾ化合物へ再酸化されます。

D. Hirose, T. Taniguchi, H. Ishibashi, Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 4613.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ニュースタッフ参加
  2. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…
  3. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  4. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…
  5. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  6. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  7. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  8. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. えれめんトランプをやってみた
  2. ハニートラップに対抗する薬が発見される?
  3. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する
  4. 強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる
  5. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム
  6. あなたはどっち? 絶対立体配置
  7. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より
  8. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する
  9. “マイクロプラスチック”が海をただよう その1
  10. 平田 義正 Yoshimasa Hirata

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP