[スポンサーリンク]

archives

鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応

P0774.gif


谷口らは,フタロシアニン鉄(II) (10 mol%) による2-アリールヒドラジンカルボン酸エチル (10 mol%) の空気酸化を伴う,新しい触媒的光延反応を報告しています。本報告によれば,2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルの酸化により生じるアゾ化合物がDEADの役割をしています。このアゾ化合物が光延反応を進行させることで,トリフェニルホスフィン存在下,アルコールとカルボン酸からエステルを得ています。この時に生じる2-アリールヒドラジンカルボン酸エチルは,in situな触媒的空気酸化によりアゾ化合物へ再酸化されます。

D. Hirose, T. Taniguchi, H. Ishibashi, Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 4613.

関連記事

  1. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  2. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  3. スルホニルフルオリド
  4. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  5. MNBA脱水縮合剤
  6. Xantphos
  7. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  8. ニュースタッフ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バートン トリフルオロメチル化 Burton Trifluoromethylation
  2. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾
  3. エタール反応 Etard Reaction
  4. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  5. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化
  6. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  7. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  8. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  9. ポケットにいれて持ち運べる高分子型水素キャリアの開発
  10. 2010年化学10大ニュース【Part2】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP