[スポンサーリンク]

ケムステニュース

住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解

[スポンサーリンク]

ノルバスク住友化学と子会社の大日本住友製薬は21日、高血圧症・狭心症治療薬「アムロジン」の国内の製造・販売権を巡って係争中だった米製薬大手ファイザーと、和解することで合意したと発表した。和解により大日本住友はファイザーと新たなライセンス契約を結び、アムロジンの国内での製造・販売を継続する。(引用:日本経済新聞)

 アムロジン、ファイザーでのこの薬の名前はノルバスクです。大日本住友製薬の前身であった住友製薬がファイザーからこの薬のライセンスを取得し、日本で販売していました。ですが、大日本製薬と合併し大日本住友製薬となり、住友製薬が消滅したため、ライセンス契約も消滅したとファイザーが提訴したわけです。アムロジンは非常によく売れている薬で、大日本住友製薬としても総売上げ高の2割から3割を占めていました。和解してよかったですね。ただ、日本でもこのような薬が開発されることを望みます。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  2. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも…
  3. ヘリウム不足再び?
  4. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申…
  5. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  6. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  7. 分子の動きを電子顕微鏡で観察
  8. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました
  2. ワークアップの悪夢
  3. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  4. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  5. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  6. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  7. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  8. 第8回平田メモリアルレクチャー
  9. マット・シェア Matthew D. Shair
  10. Christoph A. Schalley

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP