[スポンサーリンク]

ケムステニュース

住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解

[スポンサーリンク]

ノルバスク住友化学と子会社の大日本住友製薬は21日、高血圧症・狭心症治療薬「アムロジン」の国内の製造・販売権を巡って係争中だった米製薬大手ファイザーと、和解することで合意したと発表した。和解により大日本住友はファイザーと新たなライセンス契約を結び、アムロジンの国内での製造・販売を継続する。(引用:日本経済新聞)

 アムロジン、ファイザーでのこの薬の名前はノルバスクです。大日本住友製薬の前身であった住友製薬がファイザーからこの薬のライセンスを取得し、日本で販売していました。ですが、大日本製薬と合併し大日本住友製薬となり、住友製薬が消滅したため、ライセンス契約も消滅したとファイザーが提訴したわけです。アムロジンは非常によく売れている薬で、大日本住友製薬としても総売上げ高の2割から3割を占めていました。和解してよかったですね。ただ、日本でもこのような薬が開発されることを望みます。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヘリウム不足再び?
  2. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  3. 地位確認求め労働審判
  4. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者
  5. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…
  6. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  7. 富士写、化学材料を事業化
  8. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖
  2. 青いセレンディピティー
  3. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  4. 林 民生 Tamio Hayashi
  5. 駅トイレ光触媒で消臭
  6. 学会風景2001
  7. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  8. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside
  9. 3.11 14:46 ①
  10. 2009年5月人気化学書籍ランキング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー

第212回のスポットライトリサーチは、信州大学線維学部 化学・材料学科 ・風間 茜さん にお願いしま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP