[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー海外化学者インタビュー

  1. 第166回―「2次元量子材料の開発」Loh Kian Ping教授

    第166回の海外化学者インタビューは、ロー・キャン・ピン教授です。シンガポール国立大学化学科に所属し、先端技術への応用を目的とした機能性炭素材料の合成と改変に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに……

  2. 第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

    第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

  3. 第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

    第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

  4. 第163回―「微小液滴の化学から細胞系の仕組みを理解する」Wilhelm Huck教授

    第163回の海外化学者インタビューは、ウィルヘルム・ハック教授です。オランダのラドバウド大学ナイメー…

  5. 第162回―「天然物の合成から作用機序の解明まで」Karl Gademann教授

    第162回の海外化学者インタビューは、カール・ゲイドマン教授です。バーゼル大学の有機化学教授であり(…

  6. 第161回―「C-H官能基化と脱芳香族化を鍵反応とする天然物合成」Shu-Li You教授

  7. 第160回―「触媒的ウィッティヒ反応の開発」Christopher O’Brien博士

  8. 第158回―「導電性・光学特性を備える超分子らせん材料の創製」Narcis Avarvari教授

  9. 第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

  10. 第157回―「メカノケミカル合成の方法論開発」Tomislav Friščić教授

  11. 第156回―「異種金属―有機構造体の創製」Stéphane Baudron教授

  12. 第155回―「化学結合と反応性を理論化学で理解する」Sason Shaik教授

  13. 第154回―「ランタノイド発光化学の生物・材料応用」Jean-Claude Bünzli教授

  14. 第153回―「ネットワーク無機材料の結晶学」Micheal O’Keeffe教授

  15. 第152回―「PETイメージングに活用可能な高速標識法」Philip Miller講師

  16. 第151回―「生体における金属の新たな活用法を模索する」Matthew Hartings准教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功
  2. 口頭発表での緊張しない6つのヒント
  3. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group
  4. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  5. 製薬業界の現状
  6. 夢の筒状分子 カーボンナノチューブ
  7. 春の褒章2011-化学

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP