[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー海外化学者インタビュー

  1. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

    第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプリンストン大学化学科)に在籍し、ナノスケールシステムにおける光誘起プロセスの理解に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 …

  2. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

    第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

  3. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

    第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

  4. 第136回―「有機化学における反応性中間体の研究」Maitland Jones教授

    第136回の海外化学者インタビューはマイトランド・ジョーンズ Jr.教授です。プリンストン大学を退職…

  5. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授

    第135回の海外化学者インタビューはデヴィッド・アンドリュー教授です。イースト・アングリア大学化学科…

  6. 第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

  7. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

  8. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

  9. 第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

  10. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

  11. 第129回―「環境汚染有機物質の運命を追跡する」Scott Mabury教授

  12. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

  13. 第127回―「生物学的に取扱困難な金属イオンを研究する」Ann Valentine教授

  14. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

  15. 第125回―「非線形光伝播の基礎特性と応用」Kalai Saravanamuttu教授

  16. 第124回―「生物・医療応用を見据えたマイクロ流体システムの開発」Aaron Wheeler教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  2. 人を器用にするDNAーナノ化学研究より
  3. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  4. 高活性な不斉求核有機触媒の創製
  5. 特許資産規模ランキング トップ3は富士フイルム、LG CHEM、住友化学
  6. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  7. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成

注目情報

最新記事

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

PAGE TOP