[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー海外化学者インタビュー

  1. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授

    第37回の海外化学者インタビューは、ベン・デイヴィス教授です。オックスフォード大学の化学科に在籍し、糖類やタンパク質の化学および化学生物学に取り組んでいます。。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

    第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に…

  3. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授

    第35回の海外化学者インタビューは、マーク・グリーン教授です。イギリスのキングス・カレッジ・ロンドン…

  4. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadb…

  5. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

    第33回の海外化学者インタビューは、スティーブ・マルスデン教授です。イギリスのリーズ大学化学科に在籍…

  6. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

  7. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

  8. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  9. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  10. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  11. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授

  12. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授

  13. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授

  14. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授

  15. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授

  16. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・前編]
  2. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  3. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  4. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction
  5. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!
  6. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より
  7. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP