[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー海外化学者インタビュー

  1. 第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

    第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で生理学と神経科学を専攻しています。研究分野は分析神経化学であり、学習、行動、ニューロンネットワーク形成に関連した新たな神経化学を研…

  2. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

    第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

  3. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

    第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

  4. 第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

    第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

  5. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

    第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

  6. 第129回―「環境汚染有機物質の運命を追跡する」Scott Mabury教授

  7. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

  8. 第127回―「生物学的に取扱困難な金属イオンを研究する」Ann Valentine教授

  9. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

  10. 第125回―「非線形光伝播の基礎特性と応用」Kalai Saravanamuttu教授

  11. 第124回―「生物・医療応用を見据えたマイクロ流体システムの開発」Aaron Wheeler教授

  12. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick Fisk教授

  13. 第122回―「分子軌道反応論の教科書を綴る」Ian Fleming教授

  14. 第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

  15. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

  16. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

スポンサー

ピックアップ記事

  1. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction
  2. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  3. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto
  4. ケムステイブニングミキサー2016を終えて
  5. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  6. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働きなどと発表
  7. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation

注目情報

最新記事

【ジーシー】新卒採用情報(2022卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に99年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

PAGE TOP