[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

オキサリプラチン /oxaliplatin

[スポンサーリンク]

oxaliplatin.gif 

オキサリプラチン(oxaliplatin)は、白金製剤の一種で抗がん剤として使用される。

  • 用途・歴史

 

シスプラチンと同様の作用機序にて抗がん作用を示す。シスプラチンに比べて副作用の少なさなどの面で優れている。

  • 合成法

 

  • 関連文献

 

  • 関連リンク

 オキサリプラチン – Wikipedia

oxaliplatin – Wikipedia

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シコニン
  2. チエナマイシン /thienamycin
  3. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2
  4. 嗚呼、美しい高分子の世界
  5. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  6. プラテンシマイシン /platensimycin
  7. カルタミン
  8. スピノシン spinosyn

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)
  2. IBX酸化 IBX Oxidation
  3. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  4. ChemTile GameとSpectral Game
  5. ナノ合金の結晶構造制御法の開発に成功 -革新的材料の創製へ-
  6. もし炭素原子の手が6本あったら
  7. 分析化学科
  8. 分析技術ーChemical Times特集より
  9. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~
  10. シュミット転位 Schmidt Rearrangement

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP