[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースD

  1. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

    デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特殊アミノ酸であり、Michaelアクセプター構造をしているため、タンパク質の修飾起点として有効活用出来る。すなわち、ほとんどのアミノ酸残基は…

  2. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

  3. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO

    概要二酸化硫黄(SO2)は合成化学的に活用可能な硫黄源であるが、毒性気体として存在するため、化学…

  4. 重水素標識反応 Deuterium Labeling Reaction

    概要同位体である水素と重水素(Deuterium)を置き換えることでさまざまな応…

  5. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement

    概要光照射下にジエンが転位を起こし、ビニルシクロプロパンを与える反応。炭素の代わ…

  6. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement

  7. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone

  8. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitahara Diene

  9. ダフ反応 Duff Reaction

  10. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction

  11. ジアゾカップリング diazocoupling

  12. ジアゾメタン diazomethane

  13. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion

  14. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride

  15. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation

  16. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  2. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis
  3. ここまで来たか、科学技術
  4. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より
  5. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  6. 日本学術振興会賞受賞者一覧
  7. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用

注目情報

最新記事

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

PAGE TOP