[スポンサーリンク]

D

ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement

 

概要

2つのσ結合が分子内で協奏的に組み変わりを起こす形の転位をジオトロピー転位と言う。

I型ジオトロピー転位は、移動する原子団同士がその位置を交換する形式、II型ジオトロピー転位は互いの位置関係を保ったままに新たな位置に結合を組み替える形式を指す。

基本文献

 

反応機構

I型の場合は、互いの置換基がtransの位置関係にあるときに起こりやすい。

 

反応例

いくつかの天然物合成にも利用されている。

Curcumanolide Aの全合成[1]dyotropic_2.gif

エノールエーテルリチオ化体を銅アート錯体とすると、ジオトロピー転位経由でアルケニル基上での置換反応が起こる。幾何異性は反転する。下記はFK-506のフラグメント合成に応用された例。[2]

dyotropic_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Leverett, C. A.; Purohit, V. C.; Johnson, A. G.; Davis, R. L.; Tantillo, D. J. Romo, D. J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 13348. DOI: 10.1021/ja303414a
[2] Stocks, M.; Kocienski, P.; Donald, D. K. Tetrahedron Lett. 1990, 31, 1637. doi: 10.1016/0040-4039(90)80037-M

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  2. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Com…
  3. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazol…
  4. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  5. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  6. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  7. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  8. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  2. “Wakati Project” 低コストで農作物を保存する技術とは
  3. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授
  4. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  5. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化
  6. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cross Coupling
  7. 「一家に1枚」ポスターの企画募集
  8. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  9. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  10. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part IV

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP