[スポンサーリンク]

D

ダフ反応 Duff Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

フェノールもしくはアニリン誘導体を酸性条件下、ヘキサメチレンテトラミンで処理することでホルミル化する反応。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  2. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…
  3. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Re…
  4. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsu…
  5. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  6. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  7. IBX酸化 IBX Oxidation
  8. 福山還元反応 Fukuyama Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  2. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  3. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成
  4. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”
  5. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-Lindsey Porphyrin Synthesis
  6. タミフルの新規合成法・その3
  7. 穴の空いた液体
  8. 分子モーター / Molecular Motor
  9. 健康食品 高まる開発熱 新素材も続々
  10. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

化学実験系YouTuber

一度見始めると、仕事に手がつかなかくなるYouTubeですが、教育的に有意義な動画もたくさん投稿され…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP