[スポンサーリンク]

D

ダフ反応 Duff Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

フェノールもしくはアニリン誘導体を酸性条件下、ヘキサメチレンテトラミンで処理することでホルミル化する反応。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  2. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  3. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxida…
  4. ストーク エナミン Stork Enamine
  5. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  6. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamm…
  7. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  8. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 秋の褒章2009 -化学-
  2. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック
  3. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  4. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰でも簡単に精密質量を!
  5. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  6. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  7. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
  8. オキソニウムカチオンを飼いならす
  9. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました
  10. Reaxys Ph.D Prize 2014受賞者決定!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP