[スポンサーリンク]


アルケン

  1. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。同様の組み合わせからアルケンを与える鈴木-宮浦クロスカップリングとは相補的な幾何異性体を与える。遷移金属触媒を必要としないことも特徴であ…

  2. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

    酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

  3. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

    概要ホルムアルデヒドとアセト酢酸エチルを用いて合成されるジヒドロピリジン(Diethyl 1,4…

  4. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発

    第43回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター (袖岡研究室)・特別研究…

  5. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate

    概要バナジル(アセチルアセトナト)触媒はt-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)を再酸化剤として…

  6. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  7. アルケンのE/Zをわける

  8. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  9. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition

  10. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone

  11. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide

  12. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  13. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

  14. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylation

  15. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloaddition

  16. ジイミド還元 Diimide Reduction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 磁力で生体触媒反応を制御する
  2. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか
  3. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  4. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  5. パーコウ反応 Perkow Reaction
  6. 有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒
  7. 一重項励起子開裂を利用した世界初の有機EL素子

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP