[スポンサーリンク]


アルケン

  1. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。同様の組み合わせからアルケンを与える鈴木-宮浦クロスカップリングとは相補的な幾何異性体を与える。遷移金属触媒を必要としないことも特徴であ…

  2. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

    酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

  3. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

    概要ホルムアルデヒドとアセト酢酸エチルを用いて合成されるジヒドロピリジン(Diethyl 1,4…

  4. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発

    第43回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター (袖岡研究室)・特別研究…

  5. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate

    概要バナジル(アセチルアセトナト)触媒はt-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)を再酸化剤として…

  6. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  7. アルケンのE/Zをわける

  8. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  9. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition

  10. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone

  11. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide

  12. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  13. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

  14. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylation

  15. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloaddition

  16. ジイミド還元 Diimide Reduction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブロック共重合体で無機ナノ構造を組み立てる
  2. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  3. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction
  4. 海の生き物からの贈り物
  5. フルエッギン Flueggine
  6. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分
  7. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

PAGE TOP