[スポンサーリンク]


アルケン

  1. ジイミド還元 Diimide Reduction

    概要ジイミド(diimide)とはHN=NHの構造式を持つ化学物質であり、ジアゼンとも呼ばれる。炭素―炭素多重結合の還元目的に汎用される。特にアルキンをZ-アルケンに還元できる特長がある。重金属触媒の使用も不要である。ジ…

  2. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction

    概要化学量論量のコバルトオクタカルボニルおよびアルキン、アルケン存在下、シクロペ…

  3. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis

    概要アルケンをオゾンによって開裂させ、カルボニル化合物へと変換する方法。ジクロロメタン、…

  4. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)

    概要超強力な酸化剤として働く。通常の酸化条件では達成不可能なベンゼン環やオレフィンの酸化的開裂が…

  5. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction

    概要オレフィンとアリル化合物の六中心シグマトロピー反応。通常、高温が必須であるが…

  6. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination

  7. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination

  8. バーチ還元 Birch Reduction

  9. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction

  10. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  2. 三中心四電子結合とは?
  3. 硤合 憲三 Kenso Soai
  4. NHC銅錯体の塩基を使わない直接的合成
  5. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  6. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ
  7. 世界5大化学会がChemRxivのサポーターに

注目情報

最新記事

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

PAGE TOP