[スポンサーリンク]


アルケン

  1. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction

    概要化学量論量のコバルトオクタカルボニルおよびアルキン、アルケン存在下、シクロペンテノン誘導体を合成する反応。 形式的にはアルケン+アルキン+COの三成分カップリングといえる。分子間反応ではアルケン・アルキンの位…

  2. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)

    概要超強力な酸化剤として働く。通常の酸化条件では達成不可能なベンゼン環やオレフィンの酸化的開裂が…

  3. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction

    概要オレフィンとアリル化合物の六中心シグマトロピー反応。通常、高温が必須であるが…

  4. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination

    概要ハロホルム(CHX3)とCrCl2によって調製したgem-ジクロム試薬とアルデヒドを…

  5. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination

    概要リチオスルホンの求核付加、引き続くアシル保護により生成するβ-アシルオキシスルホンを還元処理…

  6. バーチ還元 Birch Reduction

  7. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction

  8. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction
  2. 有機EL organic electroluminescence
  3. コープ転位 Cope Rearrangement
  4. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  5. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  6. 日本にあってアメリカにないガラス器具
  7. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

PAGE TOP