[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

アルケンのE/Zをわける

[スポンサーリンク]

炭素ー炭素二重結合をもつ有機分子、アルケンシリーズ!これまでアルケン合成に関する話題を、最近の研究結果とともに紹介してきました。以下、記事一覧。

今回は、アルケンを”分離する”という観点から、最新の研究結果を紹介したいと思います。

 

アルケンのシス-トランス異性体を分離する

アルケン骨格の構築法の1つとして、Julia反応[3]Wittig反応に代表されるカルボニル化合物のオレフィン化反応が挙げられます。オレフィン化で生じるシス-トランス異性体(E体およびZ体)は異なる物性をもっているため、例えばアルケンを有する医薬品では、臨床試験や医薬品製造段階で片方の異性体を高純度で得ることが望まれます。

そのため、E/Z選択的なアルケンの合成法が開発されているものの、完全に片方の異性体のみを合成できないことが多々あります。実験室レベルでE体とZ体の混合物が得られた際は、カラムクロマトグラフィー法による分離が主に行われますが、工業生産スケールには適さない分離法です。そもそもカラムクロマトグラフィーを用いてもなかなかシス-トランス異性体を分離することは困難です。一方、液液抽出による分離操作は有機合成において後処理として一般的に行われ、安価でかつ操作が簡便という利点があります。

最近、中国のHuらによってE体とZ体を液液抽出によって容易に分離できるアルケンの合成法が報告されました。

“Spontaneous Resolution of Julia-Kocienski Intermediates Facilitates Phase Separation to Produce Z- and E-Monofluoroalkenes”

Zhao, Y.; Jiang, F.; Hu, J. J. Am. Chem. Soc.2015, 137, 5199. DOI: 10.1021/jacs.5b02112

 

タイトルにあるように、残念ながら今回は一般的なアルケンでなく、モノフルオロアルケンというフッ素が置換しているアルケンです。それではモノフルオロアルケン骨格の説明に加え、如何にして異性体の分離を行ったのかみていきましょう。

 

モノフルオロアルケン骨格

ペプチドは生体内に多く含まれており、ホルモン作用や神経伝達作用など様々な生理活性を示します。すでに生体内で生理活性を示すことが知られているペプチドを医薬品に用いれば生体に対する安全性が高く、高い活性を示すことが期待されるため、近年ペプチド系医薬品の開発が盛んに進められています[1]。しかし、ペプチドは酵素に分解されやすい等の理由から生体内での半減期が短いことがしばしば問題となります。そこでペプチドの主骨格であるアミド結合を、分解されにくい等価体で代替する試みがなされています。現在、アルケン骨格やモノフルオロアルケン骨格、トリフルオロメチルアルケン骨格、メチルアルケン骨格などといった多くのペプチド等価体(peptide mimetic)が開発されています。中でも、モノフルオロアルケン骨格は二重結合性を帯びているアミド結合をアルケン骨格で置き換えているだけではなく、フッ素の電気陰性度の大きさからアミド結合の分極も良く再現しておりペプチド結合との相同性が高いことが知られています。また酵素によって分解されにくい等の特徴を有することから、有用なペプチド等価体として注目されています(図1)[2]

ペプチド等価体

図1. ペプチド等価体

 

モノフルオロアルケンのE/Z体を抽出で分離する

さて、本題に戻りましょう。

液液抽出でのモノフルオロアルケンのE/Z体の分離法に、著者らは速度論的分割(kinetic resolution)を利用しました。速度論的分割とは、数種類の化合物が生成しうる反応において、反応速度の違いを用いて単一の生成物を得る手法です。たとえば、速度論的分割を用いて光学活性な生成物を得る手法として速度論的光学分割があります。エナンチオマーSS及びSRのラセミ体に対して不斉触媒を作用させると、一方のエナンチオマーが速く反応し、他方のエナンチオマーが反応せずに残ることで光学活性な生成物PSのみを得ることができます(図2) [4]

図2. 速度論的光学分割

図2. 速度論的光学分割

今回著者らは、(E)-/(Z)-アルケン体を与える2つの水溶性ジアステレオマー中間体(IZ, IE)に対して速度論的分割を行いました。それぞれの中間体の脱離反応によるオレフィン化における反応速度の差と、中間体−生成物間の水溶性の違いを利用し、液液抽出のみでのE/Z体の分離を実現しています(図3)。

 

図3. シス−トランス異性体を液液抽出で分離する概略図

図3. シス−トランス異性体を液液抽出で分離する概略図

 

ジアステレオマー中間体の反応性の違い

著者らは、モノフルオロ化したスルホンとアルデヒドのJulia-Kocienski反応を行った際、後処理の違いによって生成物であるアルケンのE/Z選択性が異なることを見出しました。後処理に酸を用いた場合には生成物としてE/Z体の混合物が得られる反面、水を用いた場合にはE体は生成せずZ体のみが得られています(図4)。

図4. 後処理の違いによる生成物の選択性の発現

図4. 後処理の違いによる生成物の選択性の発現

 

これについて詳細に調査を行った結果、Z体またはE体を生成するジステレオマー中間体の脱離反応速度に差が生じていることが明らかとなりました(図5) 。Z体を生成する中間体(precursor A)では、脱離するスルフィノ基と2-ピリジノキシ基がアンチ配座をとり、アンチ脱離により速やかにZ体のオレフィンに変換されます。一方、E体を生成する中間体(precursor B)は置換基の立体障害のためにアンチ配座を取りにくく脱離反応が進行しにくい。そこで、E体は中間体を酸処理し2-ピリジノキシの脱離能を向上させることで得られます。

このような中間体の異なる反応性により、後処理の違いで生成物の選択性に差が生じることが分かりました。

 

図5. 脱離反応時における中間体の立体配座の違い

図5. 脱離反応時における中間体の立体配座の違い

 

抽出によるE/Z体の分離

この事実により、中間体であるスルフィン酸塩は水層に、生成物のアルケンは有機層に溶解するため、両者は液液抽出によって分けることが可能でした。すなわち、Julia-Kocienski反応によるモノフルオロアルケン骨格の構築の際、速度論的分割((E)-アルケンを与えるスルフィン酸塩中間体のみ脱離反応を進行させない)により、液液抽出のみの簡便な操作でE/Z体の分離を可能としました。実際の実験操作を図6に示します。Julia-Kocienski反応を行った後、まず水/エーテル系で分液を行います。生成した(Z)-アルケンは有機層への抽出によって得られ、E体を与えるスルフィン酸塩中間体は水層へ抽出されます。水層へ抽出されたE体の中間体は、酸処理により(E)-アルケンへと変換することが可能であり、結果的に分液操作のみで(E)-/(Z)-アルケンの分離をすることができます。

 

図6. E/Z体のモノフルオロアルケンの合成及び分離

図6. E/Z体のモノフルオロアルケンの合成及び分離

まとめ

今回著者らはE体とZ体を高純度かつ簡便に液液抽出で分離可能なモノフルオロアルケンの合成法を報告した。スルフィン酸塩の速度論的分割には特別な触媒や試薬を必要とせず、脱離段階の反応速度の違いを利用することで純度の高いE体とZ体が同時に得られます。このことから、創薬化学における化合物ライブラリの迅速構築などへの応用が期待できるでしょう。本手法の適用範囲が広がり、一般的なアルケンのE/Z体の分割が簡便にできる反応・分離法の開発が進むことを期待したいと思います。

 

参考文献

  1. http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/10/82-06-08.pdf
  2. Couve-Bonnaire, S.; Cahard, D.; Pannecoucke, X. Org. Biomol. Chem. 2007, 5, 1151. DOI: 10.1039/B701559C
  3. Zajc, B.; Kumar, R. Synthesis 2010, 11, 1822. DOI:10.1055/s-0029-1218789
  4. ハートウィグ 有機遷移金属化学(下)

bona

投稿者の記事一覧

愛知で化学を教えています。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 実験器具・設備の価格を知っておきましょう
  2. 2018年 (第34回)日本国際賞 受賞記念講演会のお知らせ
  3. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  4. 機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical…
  5. NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフト…
  6. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明
  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  8. なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. (-)-ナカドマリンAの全合成
  2. 化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~
  3. 【食品・飲料業界の方向け】 マイクロ波がもたらすプロセス効率化と脱炭素化 低温焙煎・抽出・乾燥・凍結乾燥・噴霧乾燥・ケミカルリサイクル
  4. DNAに人工塩基対を組み入れる
  5. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  6. Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission
  7. 磁気ナノ粒子でガン細胞を選別する
  8. 有機化学1000本ノック【反応機構編】
  9. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する
  10. 被引用回数の多い科学論文top100

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2015年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

注目情報

最新記事

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP