[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ねじれがあるアミド

[スポンサーリンク]

上の分子2-quinuclidoneは単なる二環性のアミドに見えるかもしれません。しかし、実際は、非常に不安定なアミド結合を持っているため合成は困難で、70年間合成できなかった化合物でした。カリフォルニア工科大学のブライアン・M・ストルツ教授と、谷博士研究員らは2-quinuclidoneをtetrafluoroborate塩として、初めての合成に成功したそうです(C&EN)。その成果は今月のNatureに掲載されています。

 

“Synthesis and structural analysis of 2-quinuclidonium tetrafluoroborate”

Tani, K.; Stoltz, B. M. Nature 2006, 441, 731. DOI: 10.1038/nature04842

 

内容については時間がないので避けますが(C&ENかNatureを読んで下さい。すみません。)、とにかくすぐに加水分解が進んでしまい不安定なこの分子を合成したのは見事です。というより、こういう事実を見逃さず拾って、有機合成化学でNatureに載せたストルツ教授はさらに見事ですね。

以下のようなアジド誘導体からSchmidt-Aube反応を使って合成したそうです。

441699a-f2.2
ストルツはエール大学のJohn Woodのところで博士号取得し、Corey研で博士研究員の後、カリフォルニア工科大学でポストを取った、最近非常に活躍している若手の教授です。今後時間があれば、この内容を紹介したいと思います。

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」の…
  2. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  3. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  4. EUで化学物質規制のREACHが施行
  5. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  6. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  7. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で…
  8. アステラス製薬、過活動膀胱治療剤「ベシケア錠」製造販売承認取得

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒
  2. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  3. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  4. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました
  5. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  6. 史跡 土肥金山
  7. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification
  8. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明
  9. 春の褒章2011-化学
  10. グリーンケミストリー Green Chemistry

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

COVID-19の影響で居室や実験室の換気状況を見直された方は多いと思います。化学系の実験室は定期的…

「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました

4月16日、「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、閣議決定され…

液相における粒子間水素移動によって加速されるアルカンとベンゼンの脱水素カップリング反応

第307回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 応用化学系(本倉研究室)・高畠 萌…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP