[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

    水口賢司は、日本の生化学者・計算生物学者である。医薬基盤・健康・栄養研究所 AI健康・医薬研究センター長、大阪大学 蛋白質研究所 教授。経歴1990 京都大学 理学部 卒業1995 京都大学大学院 理学研究科…

  2. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

    第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

  3. バイオ医薬 基礎から開発まで

    概要2018年のノーベル生理学・医学賞が抗PD-1抗体を用いた免疫療法に授与されたように,近…

  4. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム

    特別企画(第1部)のご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプ…

  5. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱…

  6. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

  7. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

  8. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

  9. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  10. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  11. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  12. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  13. 光薬理学 Photopharmacology

  14. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  15. 多重薬理 Polypharmacology

  16. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  2. (+)-sieboldineの全合成
  3. 銀ジャケを狂わせた材料 ~タイヤからの意外な犯人~
  4. 科学はわくわくさせてくれるものーロレアル-ユネスコ賞2015 PartII
  5. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒
  6. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用
  7. 第45回―「ナノ材料の設計と合成、デバイスの医療応用」Younan Xia教授

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP