[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

    水口賢司は、日本の生化学者・計算生物学者である。医薬基盤・健康・栄養研究所 AI健康・医薬研究センター長、大阪大学 蛋白質研究所 教授。経歴1990 京都大学 理学部 卒業1995 京都大学大学院 理学研究科…

  2. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

    第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

  3. バイオ医薬 基礎から開発まで

    概要2018年のノーベル生理学・医学賞が抗PD-1抗体を用いた免疫療法に授与されたように,近…

  4. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム

    特別企画(第1部)のご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプ…

  5. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱…

  6. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

  7. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

  8. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

  9. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  10. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  11. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  12. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  13. 光薬理学 Photopharmacology

  14. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  15. 多重薬理 Polypharmacology

  16. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  2. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  3. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  4. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見
  5. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~
  6. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~
  7. (+)-マンザミンAの全合成

注目情報

最新記事

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2

詳細・お申込みはこちら日時令和3年 2月18日、25日(木) 基礎編        …

PAGE TOP