[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム

    特別企画(第1部)のご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習得し、また、情報を入手できる場であり、産学問わず例年多くの皆様にご参加頂いております。本年のウィンターシンポジウ…

  2. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱…

  3. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

    Harvard大学のLiau教授らは、ゲノム編集技術CRISPRを利用して、骨髄性白血病に関わるタン…

  4. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  5. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  6. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  7. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  8. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  9. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  10. 光薬理学 Photopharmacology

  11. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  12. 多重薬理 Polypharmacology

  13. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  14. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  15. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  16. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  2. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017
  3. プラテンシマイシン /platensimycin
  4. バリー・トロスト Barry M. Trost
  5. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士
  6. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている
  7. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP