[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. フラノクマリン -グレープフルーツジュースと薬の飲み合わせ-

    2023年2月に実施された第108回薬剤師国家試験において、スウィーティーという単語が問題文に登場し、界隈でちょっとした話題になりました。問題文は長いため割愛しますが、スウィーティーと医薬品 (免疫抑制剤) のエベロリムスの…

  2. 【書評】現場で役に立つ!臨床医薬品化学

    「現場で役に立つ!臨床医薬品化学」は、2021年3月に化学同人より発行された、医…

  3. 花粉症の薬いまむかし -フェキソフェナジンとテルフェナジン-

    2023年春、今年も花粉症の季節がやってきました。すでに抗ヒスタミン薬が手放せないという方も多い…

  4. 伊藤 幸裕 Yukihiro Itoh

    伊藤 幸裕(いとう・ゆきひろ)は、日本の化学者である。大阪大学産業科学研究所・准教授…

  5. 第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」を開催します!

    ※ 本シンポジウムは盛会に終了しました。動画アーカイブを全編公開中です。ぜひ You…

  6. 次世代医薬とバイオ医療

  7. 構造式から選ぶ花粉症のOTC医薬品

  8. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

  9. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:② 細胞外基質・金属錯体を標的とする戦略

  10. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:① 細胞内基質を標的とする戦略

  11. みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

  12. がん代謝物との環化付加反応によるがん化学療法

  13. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!

  14. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

  15. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

  16. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  2. 不安定さが取り柄!1,2,3-シクロヘキサトリエンの多彩な反応
  3. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  4. ピナー反応 Pinner Reaction
  5. 溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発
  6. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授
  7. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP