[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. N-オキシドの性質と創薬における活用

    N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医薬品そのものとしても応用されています。本記事では、J. Med. Chem 誌に掲載されたオープンアクセスの総説論文 "Medicina…

  2. Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

    bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

  3. 【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

    ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

  4. フラノクマリン -グレープフルーツジュースと薬の飲み合わせ-

    2023年2月に実施された第108回薬剤師国家試験において、スウィーティーという単語…

  5. 【書評】現場で役に立つ!臨床医薬品化学

    「現場で役に立つ!臨床医薬品化学」は、2021年3月に化学同人より発行された、医…

  6. 花粉症の薬いまむかし -フェキソフェナジンとテルフェナジン-

  7. 伊藤 幸裕 Yukihiro Itoh

  8. 第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」を開催します!

  9. 次世代医薬とバイオ医療

  10. 構造式から選ぶ花粉症のOTC医薬品

  11. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

  12. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:② 細胞外基質・金属錯体を標的とする戦略

  13. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:① 細胞内基質を標的とする戦略

  14. みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

  15. がん代謝物との環化付加反応によるがん化学療法

  16. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リン酸アルミニウムを飲んだら爆発?
  2. エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる
  3. 変わりゆく化学企業の社名
  4. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  5. 塩にまつわるよもやま話
  6. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授
  7. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

注目情報

最新記事

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

PAGE TOP