[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱いが成されます。これを医薬構造中に入れこむことで、薬効を調節したり、疎水性を高めたり、代謝安定性を改善したり、動態追跡のPET応用に…

  2. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

    Harvard大学のLiau教授らは、ゲノム編集技術CRISPRを利用して、骨髄性白血病に関わるタン…

  3. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  4. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  5. クリストフ・レーダー Christoph Rader

    クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

  6. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  7. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  8. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  9. 光薬理学 Photopharmacology

  10. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  11. 多重薬理 Polypharmacology

  12. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  13. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  14. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  15. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  16. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Bergfriendhof (山の墓地)
  2. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  3. ジョン・フェン John B. Fenn
  4. レビュー多くてもよくね?
  5. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  6. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応
  7. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー

注目情報

最新記事

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

PAGE TOP