[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム

    特別企画(第1部)のご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習得し、また、情報を入手できる場であり、産学問わず例年多くの皆様にご参加頂いております。本年のウィンターシンポジウ…

  2. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱…

  3. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

    Harvard大学のLiau教授らは、ゲノム編集技術CRISPRを利用して、骨髄性白血病に関わるタン…

  4. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  5. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  6. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  7. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  8. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  9. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  10. 光薬理学 Photopharmacology

  11. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  12. 多重薬理 Polypharmacology

  13. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  14. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  15. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  16. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis
  2. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  3. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  4. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  5. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー
  6. 配位子で保護された金クラスターの結合階層性の解明
  7. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

PAGE TOP