[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. 伊藤 幸裕 Yukihiro Itoh

    伊藤 幸裕(いとう・ゆきひろ)は、日本の化学者である。大阪大学産業科学研究所・准教授。専門は創薬化学、ケミカルバイオロジー、有機化学。第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」講師・パネリスト。経歴2006…

  2. 第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」を開催します!

    2022年度の第2弾となる第26回 V シンポのテーマは「創薬モダリティ」です!…

  3. 次世代医薬とバイオ医療

    概要医薬と医療を照らす近未来創薬研究、多様化するモダリティをまとめて解説。中分子医薬(ペプチ…

  4. 構造式から選ぶ花粉症のOTC医薬品

    現代、日本人の約 3 人に一人が花粉症 (季節性アレルギー性鼻炎) に罹患しており、…

  5. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

    重医薬品(重水素化医薬品, heavy drug)とは重水素(2H, D)で標識…

  6. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:② 細胞外基質・金属錯体を標的とする戦略

  7. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:① 細胞内基質を標的とする戦略

  8. みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

  9. がん代謝物との環化付加反応によるがん化学療法

  10. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!

  11. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

  12. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

  13. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

  14. バイオ医薬 基礎から開発まで

  15. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム

  16. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
  2. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」
  3. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる技術を開発
  4. 分子運動を世界最高速ムービーで捉える!
  5. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate
  6. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  7. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法

注目情報

最新記事

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

PAGE TOP