[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱いが成されます。これを医薬構造中に入れこむことで、薬効を調節したり、疎水性を高めたり、代謝安定性を改善したり、動態追跡のPET応用に…

  2. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

    Harvard大学のLiau教授らは、ゲノム編集技術CRISPRを利用して、骨髄性白血病に関わるタン…

  3. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  4. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  5. クリストフ・レーダー Christoph Rader

    クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

  6. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  7. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  8. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  9. 光薬理学 Photopharmacology

  10. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  11. 多重薬理 Polypharmacology

  12. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  13. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  14. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  15. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  16. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アミンの新合成法2
  2. 【書籍】英文ライティングの基本原則をおさらい:『The Element of Style』
  3. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  4. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  5. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  6. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  7. ペニシリン ぺにしりん penicillin

注目情報

最新記事

酸化グラフェンの光による酸素除去メカニズムを解明 ―答えに辿り着くまでの6年間―

第226回のスポットライトリサーチは、筑波大学の羽田真毅(はだ まさき)先生にお願いしました。…

ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

第225回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室 助教の山内光陽(やまうち みつあき)…

ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】

アカデミックハラスメントやセクシャルハラスメントは、学業やキャリアの成功に悪影響を与えます。 どんな…

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

PAGE TOP