[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. 伊藤 幸裕 Yukihiro Itoh

    伊藤 幸裕(いとう・ゆきひろ)は、日本の化学者である。大阪大学産業科学研究所・准教授。専門は創薬化学、ケミカルバイオロジー、有機化学。第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」講師・パネリスト。経歴2006…

  2. 第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」を開催します!

    ※ 本シンポジウムは盛会に終了しました。動画アーカイブを全編公開中です。ぜひ You…

  3. 次世代医薬とバイオ医療

    概要医薬と医療を照らす近未来創薬研究、多様化するモダリティをまとめて解説。中分子医薬(ペプチ…

  4. 構造式から選ぶ花粉症のOTC医薬品

    現代、日本人の約 3 人に一人が花粉症 (季節性アレルギー性鼻炎) に罹患しており、…

  5. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

    重医薬品(重水素化医薬品, heavy drug)とは重水素(2H, D)で標識…

  6. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:② 細胞外基質・金属錯体を標的とする戦略

  7. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:① 細胞内基質を標的とする戦略

  8. みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

  9. がん代謝物との環化付加反応によるがん化学療法

  10. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!

  11. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

  12. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

  13. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

  14. バイオ医薬 基礎から開発まで

  15. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム

  16. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. プラテンシマイシン /platensimycin
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  3. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  4. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction
  5. 化学とウェブのフュージョン
  6. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー
  7. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP