[スポンサーリンク]

キャンペーン

第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I

今年もはじまります、1年に1度化学者があつまる日本化学会年会。今年は毎度おなじみ日本大学理工学部船橋キャンパスで行われます。もちろん様々な口頭発表や講演会・ポスターなど多くの企画が目白押しですが、その1つとして、日頃より研究で身近な企業が出展している付設展示会があります。新製品情報を手に入れることができたり、書籍を格安で購入できるなど訪れる価値のあるイベントです。

ケムステでは、年会を盛り上げる一貫として、2011年より付設展示会に出展する企業とのコラボーレーションにより読者のためにキャンペーンを企画してきました。

もちろん今年も行います!

合言葉は覚えていますか?

ケムステをみた!

です。これで付設展示会に訪れてください。今回キャンペーン企画に参加いただいた企業はこちら

 

参加いただいた企業の付設展示会情報とケムステ読者特典を3回4回(各社力作が多いため追加)渡り紹介します。

第一弾の本記事では、HPCシステムズワイリージャパンの2つの付設展示会内容とキャンペーンです。それではどうぞ。

HPCシステムズの付設展示会と読者特典

HPCシステムズは、日本化学会第98春季年会付設展示会にて、化学反応経路や遷移状態が手軽に求められるソフトReaction plus Pro Ver. 2や、Webブラウザから誰でも簡単に化学計算ができるWebアプリなどを展示致します。

従来、反応経路計算といえば熟練者の経験と勘が必要とされ、素人にはとても手が出せない…というのが通説でした。Reaction plus Proは、反応物と生成物を指定するだけで誰でも自動的に反応経路が求めることができ、各所でご好評いただいております。そんなReaction plus ProのVer. 2がまもなくリリース!

Ver. 2では、ONIOM法や原子座標固定機能に対応した他、Gaussianのchkファイルから初期軌道を読み込むことができるようになりました。これにより、生体分子のような巨大分子系をはじめ、不均一触媒系、複雑な開殻反応系での反応経路計算が可能になりました。

また、当日のブースでは化学計算用Webアプリをご紹介。マウス一つだけで誰でも簡単に分子構造最適化や分子軌道の計算が行えます。その他にも、さまざまなソフト・サービスをご用意しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

ケムステ読者特典

弊社ブースにて「ケムステを見た!」とささやいてください。先着でHPCシステムズ特製・マルチメモ&カードケースセットを差し上げます。他にも特製グッズを若干数ご用意しておりますので、お近くにいらした際はぜひお立ち寄りください。皆様のご来訪をお待ちしております。

ワイリー・ジャパンの付設展示会と読者特典

  1. Wiley展示ブースの今回の目玉はこちら!

Wileyオリジナルのキュートなラバーダック「ケミストリー・ダック」を先着50名様にプレゼントします。

ケミストリー・ダックを手に入れるための条件はただ一つ。Wileyの化学ニュースサイトChemistry Viewsの新着情報をお届けする無料ニュースレター配信をお申し込み下さい。

  • 事前に手続きを済ませておきたい方は、こちらの申し込みページで必要事項をご記入の上、最後のRegisterボタンをクリックして下さい。 * 記入方法(PDF)

登録したアドレスに、下のような確認メールが届きますので、文中のActivate my accountリンクをクリックして申し込みを完了して下さい。Wileyブースでは、確認のためこのメールの画面またはプリントアウトをスタッフにお見せ下さい。

  • 大会当日、Wileyブースでスマホ等でお申し込みいただくのもOKです。上と同様に確認メールか、または申し込み直後の画面(下図)をスタッフにお見せ下さい。

2. 寒さ対策に役立つブランケット(ひざ掛け毛布)もプレゼント!

春季大会の時期は、3月とはいえ肌寒く、じっと座って講演や発表を聞いていると寒さが身に染みてくることもありがちです。ブランケットは、グッズにしては少々かさばりますが、重宝する方も多いでしょう。落ち着いた色合いの4色から選べます。

ご希望の方は、Wileyブースでスタッフに「ブランケットください」の一言とともに、Wileyのジャーナルの誌名をどれでもひとつ挙げて下さい。投稿したことのあるジャーナル、時々読んでいるジャーナル、何でも結構です。

3. 例年と同様に、Wiley化学書の展示販売も充実

今年の一押しは、有機合成ではおなじみの”Larock”の、刊行されたばかりの最新版です。同書を含めて、ゆっくり現物を見ながら購入をご検討下さい。

4. ケミカルレコード・レクチャー TCR Lecture

付設展示会に加えて、日本化学会とWiley-VCHが共催する毎年恒例の講演会ケミカルレコード・レクチャー TCR Lectureにもぜひご参加下さい。今年の講師は、色素増感型太陽電池(グレッツェル・セル)の開発者として知られ、太陽電池研究を長年にわたってリードしてきたスイス連邦工科大学ローザンヌ校のミハエル・グレッツェル (Michael Graetzel)教授です。世界で最も多く引用される化学者のひとりでもあるグレッツェル教授の今回の講演”Molecular Photovoltaics and Perovskite Solar Cells”は非常に楽しみです。3月22日(木) 10:30~11:30にS9会場で開催、参加は無料で事前申し込みも不要です。

ケムステ読者特典

スタッフに「ケムステを見た!」と声をかけて、Wileyのジャーナルの誌名をどれでもひとつ挙げて下さい。毎日先着5名様(初日のみ10名様)に、ペン型レーザーポインタを差し上げます。片手に収まる小型サイズで、鞄に入れて持ち歩いても邪魔にならないので、急に必要になったときに役立つこと間違いありません。

お願い

HPCLシステムズの、メモ帳はかわいいですね。先着何名かわからないのでお早めに。ワイリー・ジャパンのペン型レーザーポインターは初顔。初日でゲットしてしまいましょう!

なお、各企業様は日本化学会の付設展示会を盛り上げるべく様々な企画を提供していただいています。このケムステ読者特典も直接お願いしてご厚意で提供してもらっているものです。我々の研究活動には無くてはならない素敵なメーカー・サポート企業なのでくれぐれも失礼のないようにお願い致します。ぜひとも展示会も興味をもってきいてみてください。

続きは第二弾第三弾・第四弾にて!

その他の今年のキャンペーン記事

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  2. メソポーラスシリカ(1)
  3. 日本化学会と対談してきました
  4. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  5. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~
  6. 反芳香族化合物を積層させ三次元的な芳香族性を発現
  7. オープンアクセス論文が半数突破か
  8. 最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. π拡張ジベンゾ[a,f]ペンタレン類の合成と物性
  2. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  3. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  4. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  5. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  6. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)
  7. 磁石でくっつく新しい分子模型が出資募集中
  8. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  9. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  10. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP