[スポンサーリンク]


医薬化学

  1. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

    ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者である。南フロリダ大学 准教授。 (さらに…)…

  2. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

    非リボソームペプチド(non-ribosomal peptide, NRP)とは、微生物の二次代謝産…

  3. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

    クレイグ・マーティン・クルーズ (Craig Martin Crews、1964年6月1日(ニューポ…

  4. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

    並行人工膜透過性アッセイ(parallel artificial membrane permeabi…

  5. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

    アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、1970年5月23日-)は、カナダの有機…

  6. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

  7. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  8. ステープルペプチド Stapled Peptide

  9. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  10. Heterocyclic Chemistry

  11. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法

  12. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発

  13. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura

  14. 前田 浩 Hiroshi Maeda

  15. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

  16. 特殊ペプチド Specialty Peptide

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子研オープンキャンパス2022 参加登録受付中!
  2. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  3. 紅麹を含むサプリメントで重篤な健康被害、原因物質の特定急ぐ
  4. 試験概要:乙種危険物取扱者
  5. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech Fu研より
  6. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  7. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP