[スポンサーリンク]


転位

  1. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケトンを合成できる。非環状ケトンにも適用可能である。House-Meinwald転位α位に不斉四級炭素を有するケトンは、有用な合成中間…

  2. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

  3. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

    ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

  4. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

    1,2,3-トリアゾールやチアジアゾールは、共役 1,3-双極子を与える開環-閉環の平衡反応を通じて…

  5. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

    Wolff 転位、Curtius 転位あるいは Hofmann 転位では、反応の途中にカルベンあるい…

  6. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

  7. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

  8. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する

  9. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  10. MSH試薬 MSH reagent

  11. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  12. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  13. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

  14. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  15. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

  16. クライゼン転位 Claisen Rearrangement

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応
  2. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  3. 分子の動きを電子顕微鏡で観察
  4. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  5. マタタビの有効成分のはなし
  6. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  7. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–

注目情報

最新記事

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ

学会会場で予定していたケムステ読者向けキャンペーンを実施します!(追記:公開早々に1.メルマガ登…

PAGE TOP