[スポンサーリンク]


転位

  1. ラジカルパスでアリールをホウ素から炭素へパス!

    ボロナート錯体を用いたラジカルアリール転位反応が開発された。本反応はホウ素から炭素へラジカルアリール転位させることを可能にした初めての例である。ラジカルアリール転位反応とボロナート化学ラジカルアリール転位反応は同一分子上に生じたラジ…

  2. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

    アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

  3. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケ…

  4. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

  5. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

    ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

  6. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

  7. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  8. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

  9. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

  10. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する

  11. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  12. MSH試薬 MSH reagent

  13. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  14. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  15. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

  16. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 力を受けると蛍光性分子を放出する有機過酸化物
  2. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?
  3. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  4. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  5. 239th ACS National Meeting に行ってきた
  6. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  7. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】

注目情報

最新記事

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

PAGE TOP