[スポンサーリンク]


転位

  1. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

    アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリールイミン合成法が開発された。生成物はキラルα-アリールカルボニルへ誘導できる。不斉α-アリール化キラルα-アリールカルボニル化合物は医…

  2. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケ…

  3. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

  4. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

    ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

  5. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

    1,2,3-トリアゾールやチアジアゾールは、共役 1,3-双極子を与える開環-閉環の平衡反応を通じて…

  6. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  7. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

  8. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

  9. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する

  10. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  11. MSH試薬 MSH reagent

  12. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  13. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  14. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

  15. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  16. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  2. ひどい論文を書く技術?
  3. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene Reaction (Prins Reaction)
  4. 生命が居住できる星の条件
  5. 第三回 ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」を開催します!
  6. 痔の薬のはなし 真剣に調べる
  7. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

PAGE TOP