[スポンサーリンク]


転位

  1. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

    アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリールイミン合成法が開発された。生成物はキラルα-アリールカルボニルへ誘導できる。不斉α-アリール化キラルα-アリールカルボニル化合物は医…

  2. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケ…

  3. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

  4. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

    ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

  5. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

    1,2,3-トリアゾールやチアジアゾールは、共役 1,3-双極子を与える開環-閉環の平衡反応を通じて…

  6. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  7. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

  8. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

  9. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する

  10. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  11. MSH試薬 MSH reagent

  12. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  13. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  14. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

  15. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  16. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  2. グルコース (glucose)
  3. レーン 超分子化学
  4. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  5. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見
  6. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz
  7. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」Molly Shoichet教授

注目情報

最新記事

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

PAGE TOP