[スポンサーリンク]


転位

  1. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

    アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリールイミン合成法が開発された。生成物はキラルα-アリールカルボニルへ誘導できる。不斉α-アリール化キラルα-アリールカルボニル化合物は医…

  2. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケ…

  3. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

  4. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

    ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

  5. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

    1,2,3-トリアゾールやチアジアゾールは、共役 1,3-双極子を与える開環-閉環の平衡反応を通じて…

  6. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  7. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

  8. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

  9. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する

  10. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  11. MSH試薬 MSH reagent

  12. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  13. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  14. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

  15. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  16. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride
  2. 超大画面ディスプレイ(シプラ)実現へ
  3. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  4. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生
  5. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment
  6. 来年は世界化学年:2011年は”化学の年”!
  7. 村井 眞二 Shinji Murai

注目情報

最新記事

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP