[スポンサーリンク]


転位

  1. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

    アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリールイミン合成法が開発された。生成物はキラルα-アリールカルボニルへ誘導できる。不斉α-アリール化キラルα-アリールカルボニル化合物は医…

  2. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケ…

  3. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

  4. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

    ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

  5. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

    1,2,3-トリアゾールやチアジアゾールは、共役 1,3-双極子を与える開環-閉環の平衡反応を通じて…

  6. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  7. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

  8. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

  9. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する

  10. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  11. MSH試薬 MSH reagent

  12. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  13. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  14. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

  15. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  16. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  2. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!
  3. サレン-Mn錯体
  4. Essential Reagents for Organic Synthesis
  5. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  6. Cell Pressが化学のジャーナルを出版
  7. ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

PAGE TOP