[スポンサーリンク]


転位

  1. ラジカルパスでアリールをホウ素から炭素へパス!

    ボロナート錯体を用いたラジカルアリール転位反応が開発された。本反応はホウ素から炭素へラジカルアリール転位させることを可能にした初めての例である。ラジカルアリール転位反応とボロナート化学ラジカルアリール転位反応は同一分子上に生じたラジ…

  2. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

    アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

  3. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケ…

  4. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

  5. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

    ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

  6. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

  7. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  8. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

  9. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

  10. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する

  11. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  12. MSH試薬 MSH reagent

  13. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  14. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  15. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

  16. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. BO triple bond
  2. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  3. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  4. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~
  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  6. 第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授
  7. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル

注目情報

最新記事

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

PAGE TOP