[スポンサーリンク]


転位

  1. House-Meinwald転位で立体を操る

    非対称四置換エポキシドからキラルBrønsted酸触媒により、不斉四級炭素をもつα,α-ジアリールケトンを合成できる。非環状ケトンにも適用可能である。House-Meinwald転位α位に不斉四級炭素を有するケトンは、有用な合成中間…

  2. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

  3. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

    ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

  4. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

    1,2,3-トリアゾールやチアジアゾールは、共役 1,3-双極子を与える開環-閉環の平衡反応を通じて…

  5. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

    Wolff 転位、Curtius 転位あるいは Hofmann 転位では、反応の途中にカルベンあるい…

  6. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

  7. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

  8. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する

  9. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  10. MSH試薬 MSH reagent

  11. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  12. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  13. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

  14. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  15. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

  16. クライゼン転位 Claisen Rearrangement

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
  2. 理論的手法を用いた結晶内における三重項エネルギーの流れの観測
  3. 酸素 Oxygen -空気や水を構成する身近な元素
  4. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidazole Synthesis
  5. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  6. ナノってなんナノ?~日本発の極小材料を集めてみました~
  7. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

PAGE TOP