[スポンサーリンク]


生化学

  1. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授

    第95回の海外化学者インタビューは、イヴァン・ドモコウスキー教授です。ペンシルバニア大学化学科に所属し、生物学や材料科学の長年の問題に対処するための化学ツールの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hel…

  2. 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR; reverse transcription PCR)

    DNAではなく、RNAを対象としたPCR法。逆転写酵素(reverse transcriptase)…

  3. 定量PCR(qPCR ; quantitative PCR)、リアルタイムPCR

    ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を用いて、サンプルの中にある特定配列のDNA量を調べる方法。この方法を…

  4. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

    ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

  5. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

    前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

  6. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

  7. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

  8. CRISPR(クリスパー)

  9. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

  10. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

  11. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  12. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

  13. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  14. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

  15. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製

  16. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒドリド転位型C(sp3)-H結合官能基化を駆使する炭素中員環合成
  2. Nature Chemistryデビュー間近!
  3. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  4. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  5. 化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~
  6. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  7. 研究者へのインタビュー

注目情報

最新記事

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP