[スポンサーリンク]


生化学

  1. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

    アビシェック・チャッタージー(Abhishek Chatterjee、19xx年xx月x日-)は、米国在住の化学者である。ボストンカレッジ 助教授。(写真: Boston College) (さらに…)…

  2. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

    第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

  3. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

    フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

  4. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

    ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

  5. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製

    第89回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科ロボティクス専攻分子ロボティクス研究室の…

  6. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

  7. エド・ボイデン Edward Boyden

  8. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発

  9. ジョージ・チャーチ George M. Church

  10. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek

  11. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson

  12. フェン・チャン Feng Zhang

  13. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros

  14. 「有機合成と生化学を組み合わせた統合的研究」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Bode研より

  15. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より

  16. カブトガニの血液が人類を救う

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  2. シラフィン silaffin
  3. 2005年7月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  5. SPhos
  6. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成
  7. 掟破り酵素の仕組みを解く

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP