[スポンサーリンク]


生化学

  1. カリコ― カタリン Karikó Katalin

    カリコ― カタリン(Karikó Katalin, 1955年1月17日-, ハンガリー生まれ)は、アメリカ在住の生化学者である。BioNTech SE 社 上席副社長 兼 ペンシルバニア大学 非常勤教授 (画像出典:Vilcek Foun…

  2. バリー・ハリウェル Barry Halliwell

    バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

  3. 第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

    第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

  4. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

    第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

  5. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授

    第95回の海外化学者インタビューは、イヴァン・ドモコウスキー教授です。ペンシルバニア大学化学科に所属…

  6. 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR; reverse transcription PCR)

  7. 定量PCR(qPCR ; quantitative PCR)、リアルタイムPCR

  8. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

  9. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

  10. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

  11. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

  12. CRISPR(クリスパー)

  13. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

  14. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

  15. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  16. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  2. カラムやって
  3. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  4. E-mail Alertを活用しよう!
  5. Grubbs第一世代触媒
  6. 有機合成化学協会誌2020年11月号:英文版特集号
  7. 添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

注目情報

最新記事

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

PAGE TOP