[スポンサーリンク]


生化学

  1. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

    アビシェック・チャッタージー(Abhishek Chatterjee、19xx年xx月x日-)は、米国在住の化学者である。ボストンカレッジ 助教授。(写真: Boston College) (さらに…)…

  2. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

    第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

  3. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

    フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

  4. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

    ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

  5. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製

    第89回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科ロボティクス専攻分子ロボティクス研究室の…

  6. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

  7. エド・ボイデン Edward Boyden

  8. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発

  9. ジョージ・チャーチ George M. Church

  10. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek

  11. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson

  12. フェン・チャン Feng Zhang

  13. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros

  14. 「有機合成と生化学を組み合わせた統合的研究」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Bode研より

  15. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より

  16. カブトガニの血液が人類を救う

スポンサー

ピックアップ記事

  1. デンドリマー / dendrimer
  2. 年に一度の「事故」のおさらい
  3. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  4. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  5. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ
  6. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  7. 上村 大輔 Daisuke Uemura

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP