archives試薬

  1. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

    水添反応でお馴染みのパラジウムカーボン(Pd/C)。研究者は普段何気なく使っているものですが、意外にその反応活性には目を向けられていないものです。具体的に言うと、パラジウムカーボンは製造するメーカーに依って製造方法が異なっているため…

  2. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

    溶媒を脱水/脱気することは副反応を防ぎ、より正確な反応を行うために重要なことです。和光純薬工…

  3. ターボグリニャール試薬

    グリニャール反応はC-C結合を形成するための最も有用な反応の一つである。カル…

  4. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

    Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカッ…

  5. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

    澤本らによって見出されたα-ハロカルボニル化合物/ トリス(トリフェニルホスフィン)ルテニウム(II…

  6. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

  7. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

  8. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

  9. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  10. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  11. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

  12. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

  13. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2

  14. 新しい選択的ヨウ素化試薬

  15. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~

  16. セリ科植物に含まれる生理活性成分

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  2. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  3. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  4. 就職か進学かの分かれ道
  5. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告
  6. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発
  7. 2007年度イグノーベル賞決定

注目情報

最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP