化学者のつぶやき論文

  1. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

    NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データをまとめた論文です。今回は、筆者が把握しているNMRのケミカルシフトが掲載されている論文4報を紹介し比較していきます。 (さらに&h…

  2. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

    高度に酸化されたシキミセスキテルペンPseudoanisatinの全合成が報告された。原料である天然…

  3. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える

    シクロペンタノンの触媒的C–C結合活性化と続くアリール基のC–Hメタル化による結合変換反応が報告され…

  4. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

    皆さん、数学は好きですか? 筆者はそちら方面には才能が無かったせいか、知識は大学1年レベルで止まって…

  5. 天然階段状分子の人工合成に成功

    階段様骨格をもつリン脂質Ladderane Phospholipid 。最近、ビシクロヘキサン骨格を…

  6. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法

  7. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開

  8. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)

  10. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法

  11. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧

  12. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する

  13. 酸で活性化された超原子価ヨウ素

  14. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応

  15. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?

  16. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  2. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  3. クロスカップリング反応関連書籍
  4. サイエンスアゴラ2014総括
  5. 2013年就活体験記(1)
  6. その実験結果信用できますか?
  7. 幾何学の定理を活用したものづくり

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP