化学者のつぶやき論文

  1. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

    ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリンカー」を用いることで、Fmoc法で固相合成したペプチドをチオエステルへと変換できる手法を開発した。生成物はNative Chemical L…

  2. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

    有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

  3. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

    2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

  4. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応

    2014年、レーゲンスブルク大学・Burkhard Königらは、二段階励起によって強力な反応駆動…

  5. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

    自己集合性を有するM12L24型かご錯体内の特異的反応場を用いて、同一溶液中酸化反応及び立体選択的D…

  6. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  7. マイクロプラスチックの諸問題

  8. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~

  9. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する

  10. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

  11. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

  12. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  13. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

  14. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

  15. 貴金属に取って代わる半導体触媒

  16. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【速報】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  2. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  3. その反応を冠する者の名は
  4. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  5. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  6. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,6-Triisopropylbenzenesulfonyl Chloride
  7. 劉 龍 Ryong Ryoo

注目情報

最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

PAGE TOP