ケムステニュースナノテクノロジー

  1. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題

    As we welcome in 2013, will nanotechnology continue to dominate many of the scientific headlines in the coming y…

  2. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

    Graphene oxide has a remarkable …

  3. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ

    Safety fears about carbon nanotu…

  4. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報

    2月~4月にかけては各業界での学会や、展示会が目白押しである。ここで取り上げたいのはナノテク関連の展…

  5. 未来の病気診断はケータイで!?

    今回はChemistry Worldから「Monitoring asthma with mobile…

  6. 100円で買えるカーボンナノチューブ

  7. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道

  8. 分子の動きを電子顕微鏡で観察

  9. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発

  10. ふるい”で気体分離…京大チーム

  11. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発

  12. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功

  13. 室温で液状のフラーレン

  14. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

  15. 極小の「分子ペンチ」開発

  16. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  2. ビニグロールの全合成
  3. オキソニウムカチオンを飼いならす
  4. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  5. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」
  6. グローバルCOE審査結果
  7. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP