ケムステニュースナノテクノロジー

  1. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題

    As we welcome in 2013, will nanotechnology continue to dominate many of the scientific headlines in the coming y…

  2. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

    Graphene oxide has a remarkable …

  3. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ

    Safety fears about carbon nanotu…

  4. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報

    2月~4月にかけては各業界での学会や、展示会が目白押しである。ここで取り上げたいのはナノテク関連の展…

  5. 未来の病気診断はケータイで!?

    今回はChemistry Worldから「Monitoring asthma with mobile…

  6. 100円で買えるカーボンナノチューブ

  7. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道

  8. 分子の動きを電子顕微鏡で観察

  9. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発

  10. ふるい”で気体分離…京大チーム

  11. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発

  12. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功

  13. 室温で液状のフラーレン

  14. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

  15. 極小の「分子ペンチ」開発

  16. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  2. 多摩霊園
  3. キセノン (xenon; Xe)
  4. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  5. 青いセレンディピティー
  6. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  7. 分子の動きを電子顕微鏡で観察

注目情報

最新記事

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP