[スポンサーリンク]

一般的な話題

ケミストリ・ソングス【Part 2】

Part 1 に引き続き、「化学・元素を題材とした自主制作曲」をご紹介します。ハイクオリティなものも多くて、どれも必聴です!

They Might Be Giants: “Meet the Elements”

BoingBoingといういろいろなネタを集めて公開してるサイト発祥らしい。いやこれは良く出来てます。

 

Molecules in Motion

これ筆者的にはなかなか好みです。ノリも良いしアニメのクオリティも高い。

 

The Nano Song

ナノテクノロジーについて語った歌。おそらくかなりちゃんとした構成作家が作ってるんでしょう、クオリティ高い!

 

The Safety Song

The Nano Songと出典同じ。っていうかセサミストリートもどきにしか見え(略 実験は安全第一で。

 

Chemistry Lovin’ Music Video

曲自体は結構良いと思うんで、歌唱力ある人が歌えば優れたケミカルソングになりそう!

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製
  2. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  3. 最期の病:悪液質
  4. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  5. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー
  6. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1
  7. タミフルの新規合成法・その2
  8. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天野 浩 Hiroshi Amano
  2. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  3. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter Olefin Synthesis
  4. 天然階段状分子の人工合成に成功
  5. ペンタシクロアナモキシ酸 pentacycloanamoxic acid
  6. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  7. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamivir)
  8. 学振申請書の書き方とコツ
  9. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman
  10. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP