[スポンサーリンク]


ケムステニュースナノテクノロジー

  1. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発

    直径わずか100万分の5ミリという小さなカプセルを作り、その中に液体を閉じこめる手法を藤田誠・東京大教授(有機化学)らのグループが開発した。世界一小さい「フラスコ」(液体容器)として利用でき、試薬を溶かして医薬品などをつくれば、廃液をごく少…

  2. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功

     独立行政法人産業技術総合研究所【理事長 吉川 弘之】界面ナノアーキテクトニクス研究センター…

  3. 室温で液状のフラーレン

     独立行政法人物質・材料研究機構(理事長:岸 輝雄)ナノ有機センター(センター長:一ノ瀬 泉)…

  4. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

    分子が集まってできる「超分子」により、直径2ナノメートル(1ナノは10億分の1)という超極細の「ホー…

  5. 極小の「分子ペンチ」開発

    三種類の分子を組み合わせて、光に反応して別の分子を挟んでねじることができる極小の「分子ペンチ」を、東…

  6. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

  7. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省

  8. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ

  9. ナノチューブブラシ!?

  10. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功

  11. 豊丘出身、元島さんCMC開発

  12. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒

  13. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡

  14. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材

  15. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も

  16. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ
  2. 誤った科学論文は悪か?
  3. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  4. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶
  5. (+)-フォーセチミンの全合成
  6. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  7. 製薬業界の現状

注目情報

最新記事

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

PAGE TOP