[スポンサーリンク]


2005年 3月

  1. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研

    釜石市平田の海洋バイオテクノロジー研究所の松尾嘉英特別研究員らのグループは、海藻の成長に必要な分化誘導物質を発見した。海藻を無菌状態の人工海水で育てると葉状に成長しないことから、半世紀余り前から多くの研究者が成長に必要な物質を微生物が生成…

  2. 59年前製造の『ヒロポン』陳列

    客寄せ目的で「ヒロポン」を雑貨店に陳列したとして、横浜水上署は十日、覚せい剤取締法違反(所持…

  3. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」

    【ワシントン6日共同】フライドポテトなど炭水化物が多い高温加熱食品に“副産物”として含まれる化学物質…

  4. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用

    エストロゲンは若年女性においては心血管を弛緩させるが、閉経後の女性では化学変化が生じて逆の作用を来す…

  5. 「2010年トップ3を目指す」万有製薬平手社長

    万有製薬が4日に開いた会見で平手晴彦社長は、同社が2010年頃を目途に、国内医薬品市場で現在の第9位…

  6. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春

  7. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料

  8. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売

  9. 「花粉のつきにくいスーツ」登場

  10. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告

  11. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発

  12. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発

  13. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調

  14. シロアリに強い基礎用断熱材が登場

  15. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ

  16. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マイクロ波プロセスの工業化 〜環境/化学・ヘルスケア・電材領域での展開と効果〜(1)
  2. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  3. 【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで
  4. 極小の「分子ペンチ」開発
  5. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  6. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  7. オーラノフィン (auranofin)

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP