[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売

リアップ大正製薬は3日、女性用の発毛剤「リアップレディ」を4月1日に発売すると発表した。初年度の出荷額50億円を目指す大型商品で、シャンプーなども合わせて発売し、売り上げが減少傾向のリアップブランドをテコ入れする。(引用:日本経済新聞

 

女性も悩んでいるんですね。最近、夜中とかよくやってますよね。プロ●アとか。

 

 

それはいいとして、今回のリアップレディもそうですが大正製薬のリアップにはミノキジル(Minoxidil)というピリミジンN-オキシド構造を有する化合物が含まれています。この成分は元々育毛剤として発見された化合物ではないのですが、臨床試験中に毛包回復作用を持つことが明らかになったんです。そういうものって多くて、よく知られているバイアグラも元々は違う生物活性があって後々他の効果が見出されたといいますね。

これがいいとか、そのほかこういうものがあるというのはまた別のサイトに任せるとして、このページでは合成法について説明してみましょう(おっとまたマニアックだ)。



ミノキジル合成


 


 


 


 


 


 


 


 


 

関連書籍


驚愕の育毛剤―これが21世紀の育毛法だ!!


愛蔵版、目からウロコ!いますぐ役立つヘアケアマニュアル。

シアノ酢酸のエチルエステルをピペリジンを縮合の後、メチル化してCyanamideを作用させ、最後にヒドロキシルアミンで処理することによって合成できます。うーむ大量合成可能だ。

関連リンク

何はともあれ育毛剤

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  2. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  3. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  4. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉
  5. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤
  6. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Bl…
  7. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  8. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  2. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  3. 【2分クッキング】シキミ酸エスプレッソ
  4. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  5. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  6. 文献管理のキラーアプリとなるか? 「ReadCube」
  7. メタンハイドレートの化学 ~その2~
  8. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”
  9. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  10. パラジウム価格上昇中

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP