[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「2010年トップ3を目指す」万有製薬平手社長

万有製薬が4日に開いた会見で平手晴彦社長は、同社が2010年頃を目途に、国内医薬品市場で現在の第9位からトップ3位入りを目指すことを明らかにした。平手氏は同社が米メルクの完全子会社となったことから、メルクグループの一員として「米国に次に大切な戦略的拠点が日本という考え方で行く」として、米国に次ぐ第2位の医薬品市場の日本市場で本格的に攻勢に出る考えを強調した。 (引用:薬事日報)

 売上高は薬価ベースで現在の2060億円(薬価ベース)から、早期に3500億円を目指す方針だ。営業体制は、現在のMR1600人体制から将来的には2000人体制に強化する方針としたが、「質の向上を図るのが先決」と話し、当面は生産性の向上に注力する方針を示した。研究開発面では、日米での同時承認を目指し、効率的な体制を構築していく。日本で500億円の売上げを期待してた抗炎症剤「バイオックス」が米国等で市場撤退に追い込まれたため、日本でも開発中止となったが、今年から来年にかけて、男性型脱毛症治療薬のフィナステリドや、国内では”本格的な合剤”となるアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)と降圧利尿剤の合剤「MK-954H」といった新薬の市場投入を目指す。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ねじれがあるアミド
  2. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  3. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  4. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  5. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化…
  6. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!
  7. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  8. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 地方の光る化学商社~長瀬産業殿~
  2. イリジウム錯体:Iridium-complex
  3. 2017年始めに100年前を振り返ってみた
  4. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  5. 【速報】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  6. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  7. ムスカリン muscarine
  8. 構造式を楽に描くコツ!? テクニック紹介
  9. 含ケイ素四員環 -その1-
  10. 立体電子効果―三次元の有機電子論

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!

読者の皆さんの中には、既にご覧になった方もいらっしゃるかも知れません。有機化学アカデミック研…

1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる

先日、ある大手メーカーの役員で、面接官もされている方とお話をした際、「1次面接を通る人って、どの会社…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP