[スポンサーリンク]


2005年 4月

  1. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

    日本では終息に向かっているインフルエンザ。とはいえ鳥インフルエンザは、今なお世界中で感染例が相次いでいます、 変異してできる新型インフルエンザが猛威を振るって人間に蔓延する可能性は捨てきれないものがあります。昨年度、広く一般にも認知…

  2. 健康食品から未承認医薬成分

    県は二十一日、強壮を目的にした健康食品から、海外で勃起(ぼっき)不全治療薬として使われ、頭痛などの副…

  3. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?

    AP通信によると、ビタミンDの摂取と肺ガンの生存率との間に相関関係があることを示す研究成果がこのほど…

  4. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い

    三菱化学(東京都港区)は26日、子会社で医薬品の三菱ウェルファーマ(大阪市中央区)と持ち株会社を設立…

  5. 名城大教授ら会社設立 新素材販売

    名城大の安藤義則教授らが25日、次世代の新素材として注目される超極細の炭素素材「カーボンナノチューブ…

  6. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する

  7. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得

  8. メルク、主力薬販売停止で15%減益

  9. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉

  10. 「株式会社未来創薬研究所」を設立

  11. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明

  12. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携

  13. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒

  14. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる技術を開発

  15. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート

  16. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 無保護糖を原料とするシアル酸誘導体の触媒的合成
  2. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授
  3. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  4. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  5. 幾何学の定理を活用したものづくり
  6. 秘密保持契約(NDA)
  7. 薬物耐性菌を学ぶーChemical Times特集より

注目情報

最新記事

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

PAGE TOP