[スポンサーリンク]


2005年 4月

  1. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

    日本では終息に向かっているインフルエンザ。とはいえ鳥インフルエンザは、今なお世界中で感染例が相次いでいます、 変異してできる新型インフルエンザが猛威を振るって人間に蔓延する可能性は捨てきれないものがあります。昨年度、広く一般にも認知…

  2. 健康食品から未承認医薬成分

    県は二十一日、強壮を目的にした健康食品から、海外で勃起(ぼっき)不全治療薬として使われ、頭痛などの副…

  3. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?

    AP通信によると、ビタミンDの摂取と肺ガンの生存率との間に相関関係があることを示す研究成果がこのほど…

  4. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い

    三菱化学(東京都港区)は26日、子会社で医薬品の三菱ウェルファーマ(大阪市中央区)と持ち株会社を設立…

  5. 名城大教授ら会社設立 新素材販売

    名城大の安藤義則教授らが25日、次世代の新素材として注目される超極細の炭素素材「カーボンナノチューブ…

  6. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する

  7. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得

  8. メルク、主力薬販売停止で15%減益

  9. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉

  10. 「株式会社未来創薬研究所」を設立

  11. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明

  12. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携

  13. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒

  14. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる技術を開発

  15. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート

  16. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜
  2. 持田製薬、創薬研究所を新設
  3. マイクロ波化学の事業化プラットフォーム 〜実証設備やサービス事例〜
  4. シス優先的プリンス反応でsemisynthesis!abeo-ステロイド類の半合成
  5. A値(A value)
  6. AIと融合するバイオテクノロジー|越境と共創がもたらす革新的シングルセル解析
  7. iPhone/iPod Touchで使える化学アプリ-ケーション【Part 3】

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP